「中国」の版間の差分

編集の要約なし
=== 古典的用法 ===
[[画像:Tenka Han.png|right|thumb|240px|中華思想における世界観]]
'''中国'''(ちゅうごく)という語は、中国の古典である『[[詩経]]』で「地理的中心部」と言う意味で初めて用いられた。従って本来は特定の[[民族]]ないしは[[国家]]を指す語ではない。[[ベトナム]]では[[阮朝]]が自国を'''中国'''(チュンコック)と呼び、[[日本]]でも自国に対して'''[[葦原中国]]'''(あしはらのなかつくに)あるいは'''中国'''(なかつくに)という国の美称を用いている。一方、[[黄河]]流域で[[黄河文明]]を営んでいた[[漢民族]]の間では、「中国」という語は、[[孔子]]とその他思想家たちによる潤色を経ながら、[[中華思想]]に基づく「文化的優越性を持った世界の中心」という意味を帯び、中国歴代王朝の政治的・軍事的な境界を設定する中で、徐々に民族のアイデンティティを境界づける自称として拡張されていった。なお「[[中原]]」とは、[[黄河文明]]の発祥地である[[黄河]]中下流域に広がる平原のことである。
 
'''中華'''(ちゅうか)あるいは'''華夏'''(かか)という語は、「優れた文化を持つ者」を意味し、漢民族の間で「中国」と同様の自称として用いられた。「中心の国に住む優れた文化の担い手」という意味の「中華」には、地理的な意味に加えて、「漢民族のアイデンティティ」と「華夏文化の優越性」という要素が共存していた。
 
 
中華思想においては、「中国」「中華」に対して、その四方に居住する周辺民族は「[[夷狄]]」として対置される。漢民族は周辺民族を「[[狄|北狄]]」「[[夷|東夷]]」「[[戎|西戎]]」「[[南蛮]]」と呼び、野蛮とみなして蔑んだ。中国歴代王朝は、自らが人類で唯一の国家であり、それ以外は中華世界における辺境に過ぎないという態度を取った。対等な国が存在しないのだから、対等な関係外交は存在せず、周辺民族との関係は全て[[朝貢]]という形式となる。逆に言えば夷狄の[[王]]が[[中原]]を征服して中国に同化し、[[皇帝]]となることも可能であった。[[五胡十六国時代]]の諸国や[[南北朝時代 (中国)|南北朝時代]]の北朝がこの典型である。
中華思想人民民主共和制
 
中華思想においては、「中国」「中華」に対して、その四方に居住する周辺民族は「[[夷狄]]」として対置される。漢民族は周辺民族を「[[狄|北狄]]」「[[夷|東夷]]」「[[戎|西戎]]」「[[南蛮]]」と呼び、野蛮とみなして蔑んだ。中国歴代王朝は、自らが人類で唯一の国家であり、それ以外は中華世界における辺境に過ぎないという態度を取った。対等な国が存在しないのだから、対等な関係外交は存在せず、周辺民族との関係は全て[[朝貢]]という形式となる。逆に言えば夷狄の[[王]]が[[中原]]を征服して中国に同化し、[[皇帝]]となることも可能であった。[[五胡十六国時代]]の諸国や[[南北朝時代 (中国)|南北朝時代]]の北朝がこの典型である。
 
しかし、[[遼]]、[[金 (王朝)|金]]、[[元 (王朝)|元]]、[[清]]の4王朝は漢民族を支配して中華帝国の系統に属する王朝を作ったが、自民族の文化も保持し続け、漢民族に対しては[[征服王朝]]として振舞った。漢民族が直面したこのような現実に対して、[[宋明理学|宋学]]では華夷秩序が強調されるようになった。
匿名利用者