「代表取締役」の版間の差分

m (cat)
[[取締役会非設置会社]]においては、各取締役が原則として会社の業務執行権と代表権を有する([[b:会社法第348条|348条]]1項、[[b:会社法第349条|349条]]1項・2項)ため、必ず取締役の中から代表取締役を選定しなければならないわけではない。この場合、各取締役が同時に代表取締役でもある。ただし、取締役会非設置会社でも、取締役の中から代表取締役を選定することを[[定款]]で定めることができる。
 
代表取締役の数には制限はなく、1人とは限らない。ただしなお、取締役会設置会社において、取締役全員を代表取締役に選定することはできない
 
また、[[委員会設置会社]]においては、[[取締役会]]は業務の決定と監督に専念し、業務の執行権限を持たないことから、通常の株式会社における代表取締役に相当する役職は[[委員会設置会社#執行役|代表執行役]]となる。しかし、代表執行役は取締役会の決議によって任免される点が、従来の株式会社組織([[監査役]]がおかれる株式会社)の代表取締役と異なっている。
匿名利用者