「河口」の版間の差分

m (利根川河口画像追加)
地名や俗称として'''[[川口]]'''(かわぐち)、'''川尻'''(かわじり)などの呼称も用いられる。用語としては河川の大きさにかかわらず「河」の字を用いて表現する。
 
河川から供給される[[岩石]]や[[砂]][[泥]]が[[堆積]]し、[[三角州]]や[[干潟]]、[[砂浜]]が形成される。また海沿いに堆積した土砂や[[砂州]]に遮られた場所では、一つまたは複数の川が流れ込む[[ラグーン|潟湖]]や[[入り江]]ができていることもある。潟や入り江は、細い水路で海につながった閉鎖的な水域で、上流から流れてくる[[淡水]]と[[潮汐|潮]]の満ち引きで入ってくる[[海水]]が混じる[[汽水域]]となっていることが多い。流れが複雑で泳ぐことは大変危険である
 
'''[[三角江]]'''のような大きな河口は、海面が[[陸|陸地]]よりも高くなって河口部を[[沈水]]させたような[[海岸]]によくみられる。また[[リアス式海岸]]や[[フィヨルド]]など海没した[[谷]]に川が流れ込むと非常に大きな河口部が形成される。こうした大型の河口は、[[湾]]や[[海峡]]などの名をつけて呼ばれることもある。
匿名利用者