「ミカエル6世ストラティオティコス」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''ミカエル6世ストラティオティコス'''(<small>[[ギリシア語]]</small>:{{lang|el|'''Μιχαήλ ΣΤ'Ϛʹ Στρατιωτικός'''(Mikhaēl, Mikhaēl VI Stratiōtikos)Stratiōtikos}}, ? - [[1059年]])は、[[東ローマ帝国]]の[[皇帝]](在位:[[1056年]] - [[1057年]])。[[テオドラ (東ローマ女帝)|テオドラ]]の養子。中世ギリシア語読みでは「ミハイル」となる
 
1056年、先代の女帝テオドラに嗣子がなかったため、その遺言によってテオドラの養子であり、[[元老院]]議員でもあったミカエル6世が皇帝として即位した。ところが、即位したミカエル6世は文治を優遇して軍事を軽視する文治政治を採用したため、帝国軍人の反感を買い、即位の翌年には反乱を起こされてしまった。皇帝軍も懸命に抗戦したが、イサキオス・コムネノス(のちの皇帝[[イサキオス1世コムネノス]])率いる反乱軍に敗北を喫し、イサキオスの軍勢が[[コンスタンティノポリス]]に迫るとミカエル6世はイサキオスに皇位を譲って退位し、1059年に病死した。
739

回編集