「ヘルマン・フリートマン」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
ベルリン時代においては、ヘルマン・フリードマンは[[ルドルフ・シュタイナー]]と共に[[ジョルダーノ・ブルーノ連盟]] Giordano-Bruno-Bund<small> (名称はイタリアの哲学者・作家であった[[ジョルダーノ・ブルーノ]]に因む)</small> と[[フリードリッヒスハーゲナー会]] [[:de:Friedrichshagener Dichterkreis|Friedrichshagener Dichterkreis]] の一員であった。そこでフリードマンは[[ブルノ・ヴィレ]]と[[ヴィルヘルム・ベルシェ]]と交友関係にあった。
[[1898年]]から[[1902年]]にかけてフリードマンは[[バーゼル]]の[[弁護士]]として活躍した。[[1906年]]から[[1934年]]にかけては、[[ヘルシンキ大学]]にて[[哲学史]]の教授資格を得た[[フィンランド]]に滞在した。フリードマンはまたフィンランドの[[ソビエト連邦|ソ連]][[総督]]の顧問弁護士でもあった。
 
ヨーロッパでの政治情勢の変化からヘルマン・フリードマンは1934年に[[ロンドン]]へと居を移した。ロンドンにフリードマンは終戦してからも留まった。フリードマンはロンドンのドイツ・[[ペンクラブ]]の設立に関与し、1946年からはその代表となった。
 
== 著作 ==
* ''Die Welt der Formen'' (1925年、<small><sup>2</sup></small>1930年)
* ''Wissenschaft und Symbol'' (1940年)
* ''Sinnvolle Odysee'' (1950年)
[[Category:1873年生]]
[[Category:1957年没]]
 
{{Philos-stub}}
{{Law-stub}}
{{writer-stub}}
 
匿名利用者