「イノセント・マン」の版間の差分

→‎解説: 本国アメリカでのシングル・カット順序訂正
(→‎解説: 本国アメリカでのシングル・カット順序訂正)
[[リズム・アンド・ブルース]]や[[ドゥー・ワップ]]からの影響を反映した、明朗な作風となった。ビリーが日本盤のために書き下ろしたコメント(鈴木道子・訳)では、本作収録曲に影響を与えたアーティストとして[[ジェームス・ブラウン]]、[[ベン・E・キング]]、[[シュープリームス]]、[[マーサ&ザ・ヴァンデラス]]、[[フォー・シーズンズ]]、[[サム・クック]]の名前を挙げている。また、「今宵はフォーエバー」のコーラス部分のメロディは、[[ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン|ベートーヴェン]]の「[[ピアノソナタ第8番 (ベートーヴェン)|大ソナタ悲愴]]」第2楽章からの引用。
 
アルバムは全米4位に達した。[[イギリス]]では2位(2009年1月現在、ビリーの作品としては全英アルバム・チャートでの最高位<ref name=chartstats>[http://www.chartstats.com/artistinfo.php?id=2896 Chart Stats-Billy Joel-]</ref>)。本国[[アメリカ合衆国|アメリカ]]での第1弾シングル「あの娘にアタック」は、ビリーにとって2曲目となる全米1位獲得シングルとなった。続く「[[アップタウン・ガール]]」は、本国[[アメリカ合衆国|アメリカ]]で3位。[[イギリス]]では同曲が先にヒットし、ビリーにとって初となる全英チャート1位を果たした<ref name=chartstats />。続く「あの娘にアタック」は、ビリーにとって2曲目となる全米1位獲得シングルとなった。その後「イノセント・マン」(全米10位)、「ロンゲスト・タイム」(全米14位)、「夜空のモーメント」(全米27位)、「キーピン・ザ・フェイス」(全米18位)もシングル・ヒット。「今宵はフォーエバー」は、本国アメリカではシングル・カットされていないが、イギリスや日本でシングルとしてリリースされた。
 
== 収録曲 ==