「ヤプール人」の版間の差分

編集の要約なし
視覚的には、赤紫色のゆがんだ時空の中にうごめく、とんがり帽子を被った顔のない人間の姿で現れる。リーダー格は腹部や帽子に装飾を施しており、その形状には個体差がある。複数の人格が確認されているが、意識は共有されているらしい。その性格及び手段は極めて卑劣かつ陰湿。人間の憎悪や猜疑心を利用して狡猾な作戦を立て、相手を精神的に追い詰める、まさに[[悪魔]]のような存在(Aからも「本物の悪魔」と呼ばれている)である。その一方で真っ向から力押しで攻撃をかけてくることも少なくない。光の戦士であるウルトラマンに対して、自らを暗黒から生まれた闇の化身と豪語する。
 
『ウルトラマンA』のシリーズ前半で一度は滅ぼされた筈だったが、その後も超獣は登場し続け(中にはヤプールと関係なく出現したようなものもあったが)、また、ヤプール自身も人間の負の心を好んでマイナスエネルギーに変え、自らのエネルギー源としている故に、その存在を完全に消し去る事は不可能。またウルトラ兄弟に対する怨念や復讐心からか、『A』の終盤や後の作品(『ウルトラマンタロウ』、『ウルトラマンメビウス』)などで度々復活し、その都度ウルトラ兄弟に戦いを挑んできた。不滅の怨念で幾度倒しても復活を遂げ、さらにはテレビシリーズや映画の他にイベント(ライブステージなどのショー)やゲームなどでも度々登場してウルトラ兄弟達を苦しめている。それらの描写からか、ヤプールの名かつ存在が知れわたり、[[バルタン星人]]と並ぶウルトラ史上シリーズ屈指の宿敵や、ウルトラシリーズ最凶最悪の悪魔とまでわれている。
 
* 名前の由来は小説『[[家畜人ヤプー]]』から来ている。等身大時のスーツは後に[[ウルトラマンAの登場怪獣#信号怪人 レボール星人|レボール星人]]に改造された
* 等身大時のスーツは後に[[ウルトラマンAの登場怪獣#信号怪人 レボール星人|レボール星人]]に改造された。また、『[[恐竜戦隊コセイドン]]:46』46にてでも、ヤプールの衣装が流用されており、正確な色(濃い青緑に黄色い模様)が判明している。
 
== ヤプール人の変身 ==
* [[ウルトラマンタロウの登場怪獣]]
* [[ウルトラマンメビウスの登場怪獣]]
* [[恐竜戦隊コセイドン]]:46話にて、ヤプールの衣装が流用されており、正確な色(濃い青緑に黄色い模様)が判明する。
 
{{ウルトラ怪獣}}
匿名利用者