「畠山政国」の版間の差分

m
'''畠山 政国'''(はたけやま まさくに、? - [[文明 (日本)|文明]]([[1470年]])10月)は、[[室町時代]]の人物。[[畠山義有]]の子。[[畠山義就]]の猶子。次郎。
 
能登畠山氏出身で、[[畠山義忠]]の孫、[[畠山義統]]の弟にあたる。畠山氏の内紛の際、能登畠山氏は義就を支持し、政国を義就の猶子とし関係を強化した。[[応仁の乱]]の際は義就に味方し活躍するも、義就に実子の[[畠山政久|畠山修羅]]が誕生すると追放され、[[越前国|越前]]において[[朝倉孝景 (7代当主)|朝倉孝景]]により殺害されている。
 
[[Category:室町時代の人物|はたけやま まさくに]]