メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''相賀 武夫'''('''おうが たけお''' [[1897年]][[4月2日]] - [[1938年]][[8月12日]])は[[岡山県]]出身の出版事業家。[[小学館]]および[[集英社]]の創業者。別名、相賀祥宏。長男は第2代社長の[[相賀徹夫]]。孫は第3代社長の[[相賀昌宏]](徹夫の長男)。
 
==来歴・人物==
1938年8月12日に死去。42歳の若さだった。社長は長男の徹夫が継承した。その後小学館は[[1945年]]に株式会社化された。
 
{{先代次代|[[小学館]]社長|初代(1922年 - 1938年)|-|[[相賀徹夫]]}}
{{小学館}}
{{DEFAULTSORT:おうか たけお}}
[[Category:一ツ橋グループの人物]]
23,101

回編集