「ビジーフォー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
 
== 概要 ==
=== 誕生から解散まで ===
デビュー当時は渡辺プロダクション(現在の[[ワタナベエンターテインメント]])に在籍していた。
解散の理由は[[清水アキラ]]の著書によれば「金の縺れ」であるという。[[ものまね王座決定戦]]では再三不仲ぶりがネタにされていた。また、同様の不仲の事実を暗に示唆している発言としては、2008年にウガンダが逝去した際に[[アゴ勇]]が[[日刊ゲンダイ]]のインタビューに応じて語ったもの[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080607-00000002-gen-ent]がある。これによれば1980年代後半、アゴ勇は仕事がスランプに陥った時期にウガンダの自宅に居候していた。このウガンダ宅は新宿区内の当時の[[フジテレビジョン|フジテレビ]]社屋の近くにあり、[[山田邦子]]、[[ジャガー横田]]、[[森公美子]]、[[ブラザー・コーン]]など数多くのタレントの溜まり場兼[[駆け込み寺]]の様相を呈していたにもかかわらず、そのウガンダ宅でアゴはビジーフォーの面々を見たことが無かったという。
 
==メンバエピソ==
* 歌唱力の評価は高かったが、ものまね自体は、似てるか似てないかわからないネタ(古い洋楽など)が多かったり、誰のまねをしても同じ声(特にファルセットのアーティスト)だったりしたため、評価がまちまちだった。[[フジテレビ]]の『[[ものまね珍坊]]』で[[和田アキ子]]から「ビジーフォーはものまねじゃないでしょ」と突っこまれていた。
* [[エルヴィス・プレスリー]]のものまねをする時に、マイクを額にぶつけるという芸をよくやっていた。ひどい時には額から出血することもあった。この芸は当時の子供たちや多くの芸人に模倣された。
 
==メンバー==
===ビジーフォー===
*[[島田与作]]/イタッケ島田(ベース)
匿名利用者