「日本自転車競技連盟」の版間の差分

* [[1948年]] - [[競輪]]が始まり、「日本プロサイクリスト連合」結成。
* [[1949年]] - 日本自転車連盟が「日本自転車競技連盟 (JKR)」に改称、UCIに再加盟。[[日本体育協会]]規則により連盟はプロを統括できず、UCIは一国一連盟の原則を採ったため、プロはUCIに加盟できなかった。
* [[1957年]] - 「日本自転車競技連盟 (FJC : Federation Japonaise du Cyclisme)」設立。UCIに加盟。従来の日本自転車競技連盟も「日本自転車アマチュア自転車競技連盟(アマ車連・JACF)」に改組。「日本プロフェッショナル自転車競技連盟(プロ車連)」創設。共にFJC構成団体となる。競輪選手の[[世界選手権自転車競技大会|世界選手権]]出場が可能に。
* [[1965年]] - [[国際オリンピック委員会]] (IOC) 勧告により、UCI傘下に「国際アマチュア自転車競技連盟 (FIAC)」と「国際プロフェッショナル自転車競技連盟 (FICP)」が発足。それぞれアマ車連、プロ車連が加盟。FJCが国際組織窓口としての役割を事実上終える。
* [[1975年]] - アマ車連が法人格を取得。「財団法人日本自転車アマチュア自転車競技連盟」となる。
* [[1988年]] - 目的を達成したとしてFJC解散。
* [[1990年]] - [[前橋市]]([[世界選手権自転車競技大会トラックレース1990|トラック]])・[[宇都宮市]]([[世界選手権自転車競技大会ロードレース1990|ロード]])で、[[世界選手権自転車競技大会]]開催。
匿名利用者