「Dublin Core」の版間の差分

規格関係追加
(+ cat セマンティック・ウェブ)
(規格関係追加)
'''Dublin Core'''(ダブリン・コア、略称'''DC''')とは、Dublin Core Metadata Initiative で提唱している、メタデータ記述に使う語彙の通称。略称'''DC'''。その語彙が共通の認識となるように、慎重な設計がされた基本語彙セットおよびそれらをサポートするメタデータ語彙が公開されている。Dublin Core Metadata Initiative によって提唱され、2003年には ISO 15836<ref>[http://www.iso.org/iso/iso_catalogue/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=37629 ISO 15836:2003]</ref> 及び NISO Z39.85<ref>[http://www.niso.org/kst/reports/standards?step=2&gid=&project_key=9b7bffcd2daeca6198b4ee5a848f9beec2f600e5 ANSI/NISO Z39.85 - The Dublin Core Metadata Element Set]National Information Standards Organization</ref> によって国際標準となった
 
名前の由来は、情報学やWeb技術の専門家によるメタデータに関する第1回会合が開かれた[[アメリカ合衆国|アメリカ]][[オハイオ州]]の町[[ダブリン (オハイオ州)|ダブリン]]による。
* [http://dublincore.org/documents/dces/ Dublin Core Metadata Element Set] 基本となる15の要素。
 
==== RFC規格 ====
<references/>
* [http://www.ietf.org/rfc/rfc5013 The Dublin Core Metadata Element Set] (RFC 5013)。《Obsoletes: 2413》となっている。
 
=== 文書一覧 ===
* [http://dublincore.org/documents/dcmes-xml/ Expressing Simple Dublin Core in RDF/XML] RDF/XMLで要素セットを使用する際のガイドラインや例など。
* [http://dublincore.org/documents/dc-xml-guidelines/ Guidelines for implementing Dublin Core in XML] XML文書で使用する際のガイドライン。
* [http://dublincore.org/documents/dcqdc-rdf-xml/ Expressing Qualified Dublin Core inmetadata RDFusing /the XMLResource Description Framework (RDF)] 修飾子をRDF/XMLで使用する際のガイドライン(現在も審議中)
* [http://dublincore.org/documents/dcq-html/ Expressing Dublin Core in HTML/XHTML meta and link elements] HTMLやXHTML文書でメタデータを表す際のガイドライン。[http://www.ietf.org/rfc/rfc2731.txt RFC2371]の新しいバージョンと位置づけられている。