「アヴィニョン捕囚」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: mk:Авињонско папство)
[[画像ファイル:Avignon-palais-des-papes.jpg|thumb|アヴィニョン教皇庁]]
'''アヴィニョン捕囚'''(- アヴィニョンほしゅう)は、[[キリスト教]]の[[カトリック教会|カトリック]]・[[教皇|ローマ教皇]]の座が、[[アヴィニョン]]に移されていた事件およびその時期(1309年~1377 - 1377年)をす。[[古代]]の[[バビロン捕囚]]になぞらえ、'''教皇のバビロン捕囚'''とも呼ばれた。
 
[[1303年]]に[[フランス王国|フランス]]王[[フィリップ4世 (フランス王)|フィリップ4世]]と教皇[[ボニファティウス8世 (ローマ教皇)|ボニファティウス8世]]の対立から[[アナーニ事件]](フランス軍がアナーニの別荘にいた教皇を襲撃した事件。教皇はその直後に病死)が起こり、った。これ以降、教皇はフランス王の言いなりとなっていった。
'''アヴィニョン捕囚'''(- ほしゅう)とは、[[キリスト教]]の[[カトリック教会|カトリック]]・[[ローマ教皇]]の座が、[[アヴィニョン]]に移されていた時期(1309年~1377年)をさす。[[古代]]の[[バビロン捕囚]]になぞらえ、「'''教皇のバビロン捕囚'''」とも呼ばれた。
 
フランス人[[枢機卿]]ベルトラン・ド・ゴが[[クレメンス5世 (ローマ教皇)|クレメンス5世]]になるとフィリップ4世の要請を受け、[[1308年]]教皇庁がアヴィニョン(南フランス)に移され、[[1309年]]にクレメンス5世はアヴィニョンに座所を定めた。[[アナーニ事件]]の事後処理のための[[ヴィエンヌ公会議]]の準備に手間あいだイタリアは[[神聖ローマ皇帝]][[ハインリヒ7世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ7世]]によって侵略された(1310~1313)(1310年 - 1313年)ため教皇はイタリアに帰れず、フランス国内に滞在せざるをなかった。当時のアヴィニョンはフランス王家[[カペー家]]の領内ではなく、ローマ教皇陪臣の[[プロヴァンス伯(カペー・]]領で、[[ナポリ王国|ナポリ]]王家である[[アンジュー=シチリア家]](カペー家分家)のであった。アヴィニョン捕囚期には多くのフランス人枢機卿が新たに任命され、また教皇はすべて[[フランス人]]である。
[[1303年]]に[[フランス王国|フランス]]王[[フィリップ4世 (フランス王)|フィリップ4世]]と教皇[[ボニファティウス8世 (ローマ教皇)|ボニファティウス8世]]の対立から[[アナーニ事件]](フランス軍がアナーニの別荘にいた教皇を襲撃した事件。教皇はその直後に病死)が起こり、これ以降、教皇はフランス王の言いなりとなっていった。
 
フランス人枢機卿ベルトラン・ド・ゴが[[クレメンス5世 (ローマ教皇)|クレメンス5世]]になるとフィリップ4世の要請を受け、[[1308年]]教皇庁がアヴィニョン(南フランス)に移され、[[1309年]]にクレメンス5世はアヴィニョンに座所を定めた。[[アナーニ事件]]の事後処理のための[[ヴィエンヌ公会議]]の準備に手間どるあいだに,イタリアは神聖ローマ皇帝[[ハインリヒ7世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ7世]]によって侵略された(1310~1313)ため,教皇はイタリアに帰れず、フランス国内に滞在せざるをえなかった。当時のアヴィニョンはフランス王カペー家の領内ではなく、ローマ教皇陪臣のプロヴァンス伯(カペー・アンジュー家)の領内であった。アヴィニョン捕囚期には多くのフランス人枢機卿が新たに任命され、また教皇はすべて[[フランス人]]である。
 
なお、[[イタリア人]]の[[人文主義者]]・[[ペトラルカ]]が[[アヴィニョン]]に滞在しており、クレメンス6世からは聖職位や使節の地位を与えられたが、教皇庁の腐敗ぶりやローマを見捨てていることに憤りを感じていた。教皇に度々ローマ帰還を訴え、詩や書簡の中でアヴィニョンを「西方のバビロン」と呼んでいる。<!--岩波文庫・書簡集P221--->
 
== アヴィニョン捕囚期の教皇 ==
*教皇[[クレメンス5世 (ローマ教皇)|クレメンス5世]] (1305(1305 - 1314年)
*教皇[[ヨハネス22世 (ローマ教皇)|ヨハネス22世]] (1316(1316 - 1334年)
*教皇[[ベネディクトゥス12世 (ローマ教皇)|ベネディクトゥス12世]] (1334(1334 - 1342年)
*教皇[[クレメンス6世 (ローマ教皇)|クレメンス6世]] (1342(1342 - 1352年)
*教皇[[インノケンティウス6世 (ローマ教皇)|インノケンティウス6世]] (1352年-1362年)
*教皇[[ウルバヌス5世 (ローマ教皇)|ウルバヌス5世]] (1362(1362 - 1370年)
*教皇[[グレゴリウス11世 (ローマ教皇)|グレゴリウス11世]] (1370(1370 - 1378年)
 
== アヴィニョン捕囚から大分裂へ ==
およそ70年後の[[1377年]]、教皇[[グレゴリウス11世 (ローマ教皇)|グレゴリウス11世]]はローマに戻り、アヴィニョン捕囚の期間は終わる。グレゴリウスは翌年逝去する。ローマで新たに教皇[[ウルバヌス6世 (ローマ教皇)|ウルバヌス6世]]が選出されるが、間もなくフランス人枢機卿は選挙は無効だと宣言して、別に教皇([[対立教皇]])を選出したこうしてローマとアヴィニョン共に教皇が並び立つ[[シスマ]]([[教会大分裂]])が起こる。[[1409年]]の[[ピサ教会会議]]でシスマ解消がはかられたが失敗し3人の教皇が鼎立して、教皇の権威は大きくゆらいだ。なお、この分裂は[[1417年]]に[[コンスタンツ公会議]]で[[マルティヌス5世 (ローマ教皇)|マルティヌス5世]]が選出されるまで続いた。混乱を収めるためとはいえ、この公会議の決定が教皇の権威を凌駕したという前例は、後のプロテスタントの萌芽へと繋がっていったことは否めない。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:カペー朝|あういよんほしゆう]]}}
[[Category:教皇権の歴史|あういによんほしゆうカペー朝]]
[[Category:アヴィニョン|ほしゆう教皇権の歴史]]
[[Category:アヴィニョン]]
 
[[bg:Авиньонско папство]]
匿名利用者