「アヴィニョン捕囚」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Avignon-palais-des-papes.jpg|thumb|アヴィニョン教皇庁]]
'''アヴィニョン捕囚'''(アヴィニョンほしゅう)は、[[キリスト教]]の[[カトリック教会|カトリック]]・[[教皇|ローマ教皇]]の座が、[[アヴィニョン]]に移されていた事件およびその時期(1309年 - 1377年)を指す。[[古代]]の[[バビロン捕囚]]になぞらえ、'''教皇のバビロン捕囚'''とも呼ばれた。
 
[[1303年]]に[[フランス王国|フランス]]王[[フィリップ4世 (フランス王)|フィリップ4世]]と教皇[[ボニファティウス8世 (ローマ教皇)|ボニファティウス8世]]の対立から[[アナーニ事件]](フランス軍がアナーニの別荘にいた教皇を襲撃した事件。教皇はその直後に病死)が起こった。これ以降、教皇はフランス王の言いなりとなっていった。
匿名利用者