メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
== 人物・逸話 ==
*智謀に優れた人物で、巧みな外交を使って伊達氏歴代の悲願であった陸奥守護職を得ている。また、稙宗には14男7女という多くの息子、娘がいたが、それを使って近隣の諸大名との縁組を成立させ、巧みに勢力を拡大していった(ただし、養子を送るだけでその大名家を滅ぼしたり、領土を吸収したわけでは無かったので、伊達領自体はあまり拡大しなかったとされる)。
 
*稙宗は陸奥守護職就任の先立って、将軍から「稙」の一字を授かり、左京太夫を任官されている。左京太夫の官職は奥州探題大崎氏が世襲するものであったが、これを伊達氏が直接朝廷から正式に任官されたことは伊達氏が大崎氏に代わってその地位を承認された意味がある<ref>「伊達家塵芥集の研究」小林宏</ref>。中央との結びつきを権力強化に利用した好例として知られる。
 
*天文5年([[1536年]])には169条に及ぶ有名な[[分国法]]『[[塵芥集]]』を制定し、伊達氏発展の基礎を築き上げた。
45

回編集