「二十四山」の版間の差分

m
cl +lk
m (cl +lk)
'''二十四山'''(にじゅうしざん)は、[[方位]]の分割方法、あるいは分割されてできた24の方位の総称である。二十四方(にじゅうしほう)ともいう。
[[画像:China 24 cardinal directions.png|350px|right|thumb|二十四方]]
 
[[十干]]から中央に配置される[[五行]]である土行の[[]][[]]を除いた8つの干と[[十二支]]に、[[八卦]]から四隅に配置される、[[]][[]][[]][[]]の4つを加えた24の要素で全方位360度を分割する。8つの干は、その五行に対応する4つの方位の中心を指す十二支の両側に配置され、巽、坤、乾、艮の4つ[[]]は本来の四隅に配置される。
 
[[風水]]を含む[[中国占術]]の多くは、方位分割としてこの二十四山を採用している。
 
{{stub}}
{{DEFAULTSORT:にしゆうしさん}}
[[Category:方向]]
[[Category:名数|24 さん]]
3,330

回編集