「基板」の版間の差分

m
→‎基板の種類: 「リード線」をリンク。
m (→‎基板の種類: 「リード線」をリンク。)
 
;ユニバーサル基板、同義語(ICピッチ基板)(蛇の目基板)
:絶縁板に、格子状に配列した円形の銅箔(ランド)がエッチングにより形成されており、それらの中央に部品の[[リード線]]を差し込む穴が開けられた基板。[[スズ]]めっき線などで配線することにより、使用者が自由に回路のパターンを決めることができる。穴の間隔は2.54mmのものが最も一般的。片面のタイプと両面のタイプがあり、両面の物はスルーホール処理されている。[[集積回路]]の形に合わせてあらかじめ引き出し線、電源ラインなどのパターンが付けられた品種もある。小規模の試作用に用いられる。
 
 
3,642

回編集