「傍受」の版間の差分

編集の要約なし
m (ページ 傍受 (無線)傍受 へ移動: 括弧が不要)
{{Otheruses|無線通信の傍受一般|犯罪としての盗聴傍受|盗聴}}
{{改名提案|傍受|date=2009年1月}}
'''傍受'''(ぼうじゅ)とは、[[通信において]]内容を本来の送受を行なう当人らに知られているかに係わらず、聴取する行為である。ここでは、無線通信の傍受について主に解説する。
{{Otheruses|無線の傍受|犯罪としての盗聴|盗聴}}
'''傍受'''(ぼうじゅ)とは、通信において、通信を行なう当人らに知られているかに係わらず、聴取する行為である。ここでは、無線通信の傍受について主に解説する。
 
無線通信において、他人の通信を傍受することは合法行為([[電波法]]第59条参照)であり、盗聴とは区別する。これは、無線の性質上、部外者にも聴かれることを前提としているため不可罰になるためである。近年、各報道やメディアによって、盗聴と傍受の混同が起こっているが、無線通信の傍受は合法行為である。ただし第三者に内容等を漏洩したり、窃用(せつよう。通信内容を自己または第三者の利益のために利用すること)したりした場合は罪となる。しかし、一般の電話の聴取([[有線電気通信法]]第9条参照)([[電気通信事業法]]第4条参照)や、盗聴器による聴取は違法となりえる。
 
=== 電波法 ===
*====電波法 第4条(無線局の開設)……無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下、省略====
無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下、省略)
:罰則:第110条 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられる場合がある。同条第1号に該当する
 
:罰則:第110条 1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられる場合がある。同条第1号に該当する
*電波法 第39条(無線設備の操作)……第40条の定めるところにより無線設備の操作を行うことができる無線従事者(中略)以外の者は、無線局(アマチュア無線局を除く。中略)の無線設備の操作の監督を行う者(以下「主任無線従事者」という。)として選任された者であつて第4項の規定によりその選任の届出がされたものにより監督を受けなければ、無線局の無線設備の操作(中略)を行つてはならない。(以下、省略)
:罰則:第113条 30万円以下の罰金が科せられる場合がある。同条第15号に該当する
 
====電波法 第39条(無線設備の操作)====
*電波法 第59条(秘密の保護)…… 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信(電気通信事業法第4条第1項又は第164条第2項の通信であるものを除く。第109条並びに第109条の2第2項及び第3項において同じ。)を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。
*電波法 第39条(無線設備の操作)……第40条の定めるところにより無線設備の操作を行うことができる無線従事者(中略)以外の者は、無線局(アマチュア無線局を除く。中略)の無線設備の操作の監督を行う者(以下「主任無線従事者」という。)として選任された者であつて第4項の規定によりその選任の届出がされたものにより監督を受けなければ、無線局の無線設備の操作(中略)を行つてはならない。(以下、省略)
:罰則:第109条 一般人にあっては1年以下の懲役又は50万円以下の罰金、無線に従事する者であれば2年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられる可能性がある(暗号通信の復元や窃用等は「109条の2」を参照)
 
:罰則:第113条 30万円以下の罰金が科せられる場合がある。同条第15号に該当する
 
====電波法 第59条(秘密の保護)====
*電波法 第59条(秘密の保護)…… 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信(電気通信事業法第4条第1項又は第164条第2項の通信であるものを除く。第109条並びに第109条の2第2項及び第3項において同じ。)を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。
 
:罰則:第109条 一般人にあっては1年以下の懲役又は50万円以下の罰金、無線に従事する者であれば2年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科せられる可能性がある(暗号通信の復元や窃用等は「109条の2」を参照)
 
=== その他 ===
{{DEFAULTSORT:ほうしゆ}}
[[Category:無線]]
[[Category:通信]]
487

回編集