「福岡猫虐待事件」の版間の差分

編集の要約なし
(推測の削除)
{{暴力的}}
'''福岡猫虐待事件'''(ふくおかねこぎゃくたいじけん)は、2002年に[[男性]]が[[虐待]]した[[ネコ|猫]]の[[写真]]を[[インターネット]]上で公開した[[事件]]である。事件後に猫につけられた名前から、'''こげんたちゃん事件'''、'''こげんた事件'''とも呼ばれるほか、[[マスメディア]]上で報道された際には'''インターネット猫虐待事件'''とも呼ばれた。ネットコミュニティでは男性の[[ハンドルネーム]]から'''ディルレヴァンガー事件'''、'''ディルレ事件'''と呼ばれることも多い。
 
== 概要 ==
この事件は、[[2002年]][[5月6日]]、電子掲示板[[2ちゃんねる]]のペット関連板であるペット大嫌い板(現[[生き物苦手板]])に、ある男性によって、“'''おい!おまえら'''”と題される[[スレッド]]が作成されたことに端を発する。
 
=== 事件 ===
[[オスカール・ディルレヴァンガー]]([[ナチス・ドイツ]][[武装親衛隊]]准将)の名から取ったとされる“'''ディルレヴァンガー'''”を名乗る、[[福岡県]][[福岡市]]在住の男性(事件後、[[広島県]][[呉市]]内の親元に引き戻された)は、その後[[マンション]]自室の[[ユニットバス]]内で[[ハサミ]]や[[針金]]等を使って尾や耳を切る・首を締めるなどして[[野良猫]]を虐待、この模様を[[デジタルカメラ]]で撮影して、同スレッド上で教えられた[[アップロード|アップローダー]]で写真を公開し、実況中継を行った。また同人物は、2ちゃんねる上で最も人が多い板のひとつである[[ニュース速報板]]にもスレッドを起こし、この行為を自ら2ちゃんねる全体に知らしめた。
 
=== 反応 ===
同事件はインターネット上で波紋を呼び、数日中に複数の[[2ちゃんねらー]]によって[[ログ]]解析や写真の分析がなされ、通報が殺到、ついに男性は福岡県警により[[書類送検]]される。この際、男性は「猫は逃がした」と供述したが、事件を知った人々により写真が調べられ、問題の猫が生きていたとは思われない等の理由により、件の男性への不信感が爆発。刑事訴追を求める署名運動が起こされ、同時に男性の個人情報などがインターネット上のさまざまな場所で公開される「逮捕祭」が勃発し、同事件を追及する[[ウェブサイト]]が乱立した。
 
なお同事件はインターネット上で一斉に広まったため素早く報道各社が反応、[[テレビ放送]]・[[新聞]]などの[[ニュース]]で一斉に報じられ、社会的にも大きな反応を引き起こしている。
 
=== 逮捕へ ===
この際に、事件を知った市民より同県警へと逮捕を求める嘆願書が殺到したことにより(最終的に実刑を求める嘆願書と併せ3,000通を超えたという)、福岡県警側は書類送検から急遽対応を改め、[[獣医師]]に問題の写真[[鑑定]]を依頼、これにより猫の死亡が確認されたため、同男性は[[逮捕]]され、取り調べを受けた。
 
逮捕され取り調べられた結果、男性は猫の殺害を認めたため、[[動物の愛護及び管理に関する法律|動物愛護法]]違反により'''[[懲役]]6か月・[[執行猶予]]3年'''の判決を受けた。このとき、男性の個人情報が不特定多数によって公開されたことなどにより、犯人はすでに社会的制裁を受けたとして、減刑措置がとられている。
 
=== 他の事件への影響 ===
この判決は、後の[[動物虐待]]事件にも影響し、同様の刑量判決が、その後の複数の事件裁判で出されている。
 
同事件以降、海外の動物虐待事件と凶悪事件の因果関係が取り沙汰され、動物虐待事件は凶悪犯罪の予兆であるともされ、動物虐待事件の予防・検挙が、近年多発する児童に対する[[通り魔]]などの犯罪を予防することになるとする論調も生まれている。([[動物虐待]]の項を参照)
 
== 生き物苦手板に関して ==
なお、この「生き物苦手(旧ペット大嫌い)板」であるが、元々はマナーの悪い飼い主に対する批判で、[[趣味]]のカテゴリー内にあった[[ペット]]関連の掲示板が、[[炎上 (ネット用語)|フレーム問題]]や[[荒らし]]によってコミュニティが混乱したため、この議論や煽りを分離するために設置された板である。
 
現在のところ、ペットを含む動物とその所有者(飼い主)に対する批判といった、元々の掲示板設置経緯に沿った議論も少数見られるものの、動物虐待行為を愛好ないし非難する側が双方荒らすことから真剣な議論は行われておらず、主に古くからあるペットに関する掲示板の方で静かに続いている。現状の内容は、専ら動物虐待行為に対する擁護論と批判論の衝突と並行して、無意味なレスやコピーアンドペーストによる[[愉快犯]]的な荒らし行為が続いていたり、また動物関連のニュースや、他の2ちゃんねるの掲示板同様の他愛ないおしゃべりで埋め尽くされている。
 
== 関連事象 ==
この事件は2ちゃんねるのみならず、他の[[インターネット|ネット]][[コミュニティ]]にも影響を与え、犯人の男性に対しては多くのネット愛好者が不快感を表明、他方では猫愛好家・[[動物愛護団体]]などが[[暗数]]となっている動物虐待事件の問題で、度々同事件を引用している。
 
同事件に際して殺害された猫の追悼サイトから、サイト閲覧者などから寄せられた追悼文等をまとめた書籍が当初、サイト運営者らの[[自費出版]]の形で発売され、後の2004年7月には全国的に販売された。同書籍の印税などは、動物虐待を防止する運動に利用されているという。
 
=== 同男性に対するインターネット上の扱い ===
 
生き物苦手板は現在でも、趣味として動物虐待を仄めかす通称「黒ムツ(黒い[[畑正憲|ムツゴロウ]]の略)」がおり、またこれを非難する側も同掲示板を利用している。しかし犯人の男性に対しては、動物虐待を仄めかす側からは「やり方が稚拙」と批判され、動物虐待を批判する側からは[[変質者]]扱いされており、この状況は事件当時から2007年現在まで、あまり変化は見られない。
 
「懲役6か月・執行猶予3年」の判決に前後して、男性は両親の住む広島県に引き戻されたが、その近所で男性の所業を触れ回った者も出ており、同男性を取り巻く近隣社会の扱いは、かなり冷たかったであろうことも想像に難くない。なお同男性は上の「探偵ファイル」が判決後に行った「ちゃんとネット謝罪してくださいよ」という問いかけに対し、「前向きに考えている」とコメントをしたことが伝えられている([http://www.tanteifile.com/diary/special/kiji.html])が、それ以降の後実社会2ちゃんねるの地理学人類学板で「統廃合協議会」「無職の王道」「地理学は化石」等のハンドルットコミュニティ共ーム沈黙よる荒らし活動っており(地理学・人類学板での荒らし行為は福岡猫虐待事件以前から行われていた)近況[[ウィキペディア日本語版]]においてもIPで[[地理学]]及び[[ノート:地理学|地理学のノート]]において荒らし行為を行っている(かつて不明[[地理]]においても荒らし行為を行っていた)。なお同男性による荒らし行為が原因[[地理学]]は[[2009年]][[2月]]現在編集保護されている。
 
== 関連項目 ==
*[[オスカール・ディルレヴァンガー]]
*[[匿名掲示板]]
*[[盆栽子猫]]
 
== 外部リンク ==
*[http://tmp.2ch.net/cat/kako/1020/10206/1020694216.html “おい!おまえら”] - 問題のスレッド
*[http://kogenta-site.tripod.com/index_f.shtml 福岡猫殺害事件] - 事件をまとめたサイト(一部ページに虐待画像あり)
匿名利用者