メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
なお、開発当初はポケモンとは全く別のオリジナルキャラクターを撮るゲームとして開発が進められていたが、途中でポケモンへと変更になったと開発スタッフは語っている。<ref>制作はゲーム業界で史上初の広告による公募で選抜された、任天堂とHAL研究所のプロジェクトチーム「ジャックアンドビーンズ」。スタッフを選抜する際に面接・書類審査を行ったのは、[[岩田聡]](開発当時HAL研究所代表)、[[糸井重里]]、[[宮本茂]]、[[中村光一]]の4人。 [http://www.1101.com/nintendo/nin5/nin5-jack.htm 「ほぼ日刊イトイ新聞」より、スタッフ公募広告]</ref>
 
[[Wii]]の[[バーチャルコンソール]]では2007年12月4日より配信。撮った写真を[[Wii伝言板]]で他のユーザーに送信できる機能が追加された。新規のプロモーションムービーを制作して[[みんなのニンテンドーチャンネル]]で配信したり、[[ポケモン (企業)|ポケモンだいすきクラブ]]で発売記念キャンペーンを実施し、「[[Yahoo!]]きっずポケモン」で本作の主人公であるトオルが主要キャラとなった話の6話分を配信した(配信は2008年1月14日で終了)など、新作ソフト並の扱いとなっており、後の[[Wiiウェア]]の登場を示唆している。
 
登場するポケモンは全て[[ポケットモンスター (アニメ)|アニメ版]]の鳴き声になっている。
12,176

回編集