メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''日米交渉'''(にちべいこうしょう)とは、[[1941年]]([[昭和16年]])4月から同年11月の間になされた、[[太平洋戦争]]開戦直前の[[大日本帝国]]および[[アメリカ合衆国]]間での国交調整交渉のことである。
 
== 概要 ==
しかし、訪独の帰途の際、[[日ソ中立条約]]を締結した[[松岡洋右]][[外務大臣 (日本)|外務大臣]]は、対中政策の全面承認を主張した。その結果、日本軍の[[仏印進駐|南部仏印進駐]]はアメリカ側を硬化させ、交渉は決裂した。
 
その後、交渉は再開したものの、[[1941年]]11月26日[[ハル・ノート]]が手渡され、再び交渉は決裂し、同年12月8日、[[太平洋戦争]]の開戦に至った。
 
{{DEFAULTSORT:にちへいこうしよう}}
匿名利用者