「ビジーフォー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
=== 誕生から解散まで ===
デビュー当時は渡辺プロダクション(現在の[[ワタナベエンターテインメント]])に在籍していた。
メンバーは、リーダーの[[島田与作]](異名:イタッケ島田、[[ベース (弦楽器)|ベース]])、[[グッチ裕三]]([[ボーカル]])、スリム冬樹(現[[モト冬樹]]、[[ギター]])、[[ウガンダ・トラ|ウガンダ]](ウガンダ・トラ、[[ドラムセット|ドラム]])の四人(グッチ、モト、ウガンダがボーカルの時は、グッチがドラムを叩いていた。間違われるこが多いが、[[エド山口]]というの間違加入していな
 
ウガンダがボーカルの時は、グッチがドラムを叩いていた。
当時のネタとしては、歌謡曲やらオールディーズの替え歌で「ウガンダ=デブ、モト冬樹=ハゲ、島田与作=若作り」を歌に交えて、イジって笑いを取っていた。
 
===ビジーフォー・スペシャル===
 
しばらくのブランクを経た後、新たにウーロン茶(ベース)、紅一点([[キーボード (楽器)|キーボード]])、ロバよしお(ドラム)の三人が加わり、'''ビジーフォー・スペシャル'''として再スタート(その後ロバよしおが辞め、エデン東(ドラム)が加入。また、[[マネージャー]]兼見習いメンバーとして北海龍が参加)
 
この頃から本格的にものまねを始め、[[1983年]]から出演の[[フジテレビジョン|フジテレビ]]の[[ものまね王座決定戦]]では最多の5回の優勝を果たし、ものまねブームの立役者となる(中心メンバーのグッチとモトのペアの出演だけでも「ビジーフォー・スペシャル」として表記される)。
 
その他、[[夜も一生けんめい。]]([[日本テレビ放送網|NTV]])などで活躍した。
 
のちにロバよしおが辞め、エデン東(ドラム)が加入、[[マネージャー]]兼見習いメンバーとして北海龍が参加している。
 
なお、ビジーフォー・スペシャルになってからもビジーフォーと呼ばれることがあった。
 
===分裂===
 
[[1992年]]にグッチは「[[グッチ裕三とグッチーズ]]」を、モトらは新メンバーを加え「[[モト冬樹とナンナラーズ]](結成当初はモトとフリーマーケット)」を立ち上げ、それ以降主にそれぞれピンとして活動しており、グループとしては解散状態したも同様である。「ものまね王座決定戦」や「夜もヒッパレ一生けんめい」などでは引き続きグループ名が表記されていたが、それらの番組終了以降はテレビ出演してもそれぞれの個人名でしか表記されなくなった。
 
===解散の真相===
 
解散の理由は[[清水アキラ]]の著書によれば「金の縺れ」であるという。[[ものまね王座決定戦]]では再三不仲ぶりがネタにされていた。
解散の理由は[[清水アキラ]]の著書によれば「金の縺れ」であるという。[[ものまね王座決定戦]]では再三不仲ぶりがネタにされていた。また、同様の不仲の事実を暗に示唆している発言としては、2008年にウガンダが逝去した際に[[アゴ勇]]が[[日刊ゲンダイ]]のインタビューに応じて語ったもの[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080607-00000002-gen-ent]がある。これによれば1980年代後半、アゴ勇は仕事がスランプに陥った時期にウガンダの自宅に居候していた。このウガンダ宅は新宿区内の当時の[[フジテレビジョン|フジテレビ]]社屋の近くにあり、[[山田邦子]]、[[ジャガー横田]]、[[森公美子]]、[[ブラザー・コーン]]など数多くのタレントの溜まり場兼[[駆け込み寺]]の様相を呈していたにもかかわらず、そのウガンダ宅でアゴはビジーフォーの面々を見たことが無かったという。
 
[[アゴ勇]]が[[日刊ゲンダイ]]によるインタビューの中で、メンバーの不仲を暗に語っている[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080607-00000002-gen-ent]。1980年代後半、当時の[[フジテレビジョン|フジテレビ]]社屋の近くにあったウガンダの自宅にアゴは居候していた。ウガンダ宅に[[山田邦子]]、[[ジャガー横田]]、[[森公美子]]、[[ブラザー・コーン]]など数多くのタレントが出入りしていたにもかかわらず、アゴはビジーフォーの面々を見かけなかったという。
 
==エピソード==
762

回編集