「雍仁親王妃勢津子」の版間の差分

編集の要約なし
旧[[会津藩|會津若松藩]]主[[松平容保]]の六男で外交官の[[松平恒雄]]の長女。母は[[鍋島直大]]侯爵([[佐賀藩]]十一代藩主)の娘・[[松平信子|信子]]。
 
勢津子は父の任地[[イギリス]]で生まれ、父と共に[[ワシントンD.C.|ワシントン]]の大使館で少女期を過ごし、米国ワシントンD.C.のフレンドスクール(現[[シドウェル・フレンズ・スクール]])に学んだ。思春期にイギリス、アメリカでの在住が数年以上続いたいわゆる[[帰国子女]]で英語流暢に話すことが、外国人を前にした英語のスピーチはお手のものだったようであった。
 
女子[[学習院]]初等科3年の時、実業家[[樺山愛輔]]伯爵の次女[[白洲正子|正子]]と同級生となり、以後2人は生涯の友となった。 その正子によれば、勢津子は物事に寛容で、勉学に励む人であったという。 両家は仲が良く、愛輔はのちに貞明皇后の内意を受けて雍仁親王と勢津子の婚姻を取り持った。
匿名利用者