「国鉄3250形蒸気機関車」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''3250形'''は、かつて[[日本国有鉄道]]の前身である[[鉄道省|鉄道院]]に在籍した[[タンク機関車|タンク式]][[蒸気機関車]]である。
 
本項では、同形車である'''3390形'''についても取り扱う。
 
==概要==
3250形は、元は[[両毛鉄道]]が[[1893年]](明治26年)に[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[ボールドウィン・ロコモティブ・ワークス|ボールドウィン]]から5両([[製造番号]]13776,13777,1378013776, 13777, 13780 - 13782)を輸入した[[車軸配置]]2-6-2(1C1)で2気筒単式形の飽和式タンク機関車である。両毛鉄道が国有鉄道の管理から離れた1年後に製造された両毛鉄道プロパーの機関車である。両毛鉄道では'''1~51 - 5'''、[[1897年]](明治30年)の[[日本鉄道]]への併合後は、'''B3/5形'''('''501~505501 - 505''')とされた。[[筑豊鉄道]]に導入された後の[[国鉄3300形蒸気機関車|鉄道院3300形]]をやや小型にした機関車である
 
[[1901年]](明治34年)には、1両(504)が[[北海道炭礦鉄道]]に譲渡され、同社の'''M形'''、後に'''ル形'''('''58''')となったが、北海道炭礦鉄道は同年、2両の同形車(製造番号19330,19331)19330, 19331)をボールドウィンに追造させ、同じくル形に編入して'''59,6059, 60'''とした。
 
[[19091906年]](明治39年)に両社は[[鉄道国有法]]によって買収され、所属する機関車は国有鉄道籍となった。これを受けて[[1909年]](明治42年)に制定された鉄道院の車両形式称号規程では、日本鉄道の4両は'''3250形'''('''3250~32533250 - 3253''')、北海道炭礦道の3両は'''3390形'''('''3390~33923390 - 3392''')に[[番]]された。
 
これらは、メーカー規格では10-22 1/4Dで、本来同一のものである。それがこのように2形式に分かれたのは、北海道炭礦鉄道では動輪のタイヤを増強して、直径を増したためである。
3250形はいずれも構内入換用に使用されたが、1両が[[1917年]](大正6年)1月、残りが[[1918年]](大正7年)に[[廃車 (鉄道)|廃車]]となった。このうち1917年に廃車となった3253が[[白棚鉄道]]へ、3251は[[八幡製鉄所]]へ、3250と3252は[[中国]]の中日実業へ払下げられている。白棚鉄道の3253は[[1941年]](昭和16年)の国有化にともなって再度国有鉄道籍となり、[[1940年]](昭和15年)まで使用された。
 
八幡製鉄所の3251は84、後に318→343318 → 343に改番され、先従輪を撤去して軸配置0-6-0(C)とされたが、水タンクの形状を傾斜型としたり、[[弁装置]]を[[ワルシャート式弁装置|ワルシャート式]]に変更するなど大規模な改造が行われたものの、[[1951年]](昭和26年)まで使用された。
 
3390形については、国有化後も北海道内で使用されたが、[[1924年]](大正13年)に全車が廃車となった。これらは同年に3391,33923391, 3392が、翌年には3390が[[釧路臨港鉄道]]に払下げられて同社の'''1~31 - 3'''となった。そのうち、3は[[1936年]](昭和11年)に事故廃車となり、1は1951年、2は[[1950年]](昭和25年)に老朽廃車された。
 
==主要諸元==
116,676

回編集