「ヴェリーキエ・ルーキ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[File:Krepostluki2.jpg|thumb|250px|旧ヴェリーキエ・ルーキ要塞[[クレムリ|クレムリン]]の敷地内にある第二次世界大戦記念碑]]
[[File:VLuki_pamatnikMatrosovu.jpg|thumb|250px|[[ソ連邦英雄]]アレクサンデル・マトロソフの記念碑]]
[[File:Coat_of_Arms_of_Velikie_Luki_(Pskov_oblast).png|thumb|100px|市の紋章]]
 
== 歴史 ==
ヴェリーキエ・ルーキの名は[[1166年]]の年代記に初出する。[[1211年]]に[[ノヴゴロド公国]]が城が[[クレムリ|クレムリン]]を建設し、[[プスコフ]]や[[ノヴゴロド]]の南を守る戦略的に重要な都市となった。[[1478年]]、[[イヴァン3世]]の統治する[[モスクワ大公国]]に併合された。[[リューリク朝]]断絶後の[[大動乱]]の時代、この街は僭称者[[偽ドミトリー1世]]と[[偽ドミトリー2世]]の支配下に置かれ、[[1611年]]の戦いで完全破壊されたが[[1619年]]に再建された。
 
[[17世紀]]にはロシアはヴェリーキエ・ルーキを拠点に南の[[リトアニア大公国]]への侵入を繰り返し[[ポラツク]](ポロツク)や[[ヴィチェプスク]](ヴィテブスク)などを征服したが、[[ポーランド・リトアニア連合]]の反撃によりヴェリーキエ・ルーキはリトアニア領となり、[[1772年]]の[[ポーランド分割]]で再びロシア領となった。[[20世紀]]初頭に[[モスクワ]]と[[リガ]]を結ぶ鉄道が建設され、[[サンクトペテルブルク]]と[[オデッサ]]を結ぶ鉄道も西郊を通ることから、鉄道路線の集中する街としても繁栄した。