「ハーバード・スミソニアン天体物理学センター」の版間の差分

関連プロジェクトの記述と画像の追加
m (ロボットによる 追加: it:Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)
(関連プロジェクトの記述と画像の追加)
[[ファイル:Center for Astrophysics.jpg|thumb|250px|CfA外観]]
'''ハーバード・スミソニアン天体物理学センター'''( - てんたいぶつりがく - 、'''CfA'''; Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[マサチューセッツ州]][[ケンブリッジ (マサチューセッツ州)|ケンブリッジ]]に位置する[[天文学]]・[[宇宙物理学]]に関する研究所である。
 
[[ハーバード大学天文台]]と[[スミソニアン天体物理観測所]]によって構成されている。この両者は長期にわたって協力関係を持っていたが、1955年により効率的な運営と研究の推進を行うためにスミソニアン天体物理観測所が本部をケンブリッジに移した。1973年に正式に共同運営を開始し、現在のCfAが誕生した
 
小惑星(10234)[[シクスティガーデン]]は、研究所の住所である 60 Garden Street にちなんで名づけられた。
 
== 関連プロジェクト ==
CfAはおよそ300名の研究者を擁し、光学[[望遠鏡]]、[[電波望遠鏡]]、[[宇宙望遠鏡]]を用いた[[天文学]]研究を行っている。下記に挙げたものがCfAが関与するプロジェクトである。いずれも、世界各地の大学や研究機関との協力のもとに運営されている。
 
=== 地上望遠鏡 ===
[[ファイル:Clay telescope.jpg|thumb|250px|マゼラン・クレイ望遠鏡]]
*フレッド・ローレンス・ウィップル天文台 [[アリゾナ州]]にある天文台。口径6.5mの望遠鏡[[MMT 天文台|MMT]]をはじめ、いくつかの光学望遠鏡が設置されている。
*[[マゼラン望遠鏡]] [[チリ]]にあるふたつの口径6.5m望遠鏡。
*[[南極点望遠鏡]] [[南極点]]に設置された[[電波望遠鏡]]。
*[[サブミリ波干渉計]] [[ハワイ島]][[マウナケア]]山頂に設置されている電波望遠鏡。
*1.2メートル電波望遠鏡 [[一酸化炭素]]分子が放射する電波で銀河面をサーベイ観測した。
*Very Energetic Radiation Imaging Telescope Array System (VERITAS) 口径12m望遠鏡4台からなる[[ガンマ線]]観測施設。
 
=== 宇宙望遠鏡・衛星 ===
[[ファイル:Chandra X-ray Observatory.jpg|thumb|250px|チャンドラ]]
*[[チャンドラ (人工衛星)|チャンドラ]] 1999年に打ち上げられた[[エックス線]]観測衛星。
*[[ひので (人工衛星)|ひので]] 2006年に打ち上げられた[[太陽]]観測衛星。
*[[SOHO (探査機)|SOHO]] 1995年に打ち上げられた太陽観測衛星。
*[[スピッツァー宇宙望遠鏡]] 2003年に打ち上げられた[[赤外線]]宇宙望遠鏡。
 
== 外部リンク ==
* [http://cfa-www.harvard.edu/ CfA(Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics(英語版)]
 
[[Category:天文学|ははとすみそにあんてんたいふつりかくせんた]]