「エレウシス」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: uk:Елефсін)
編集の要約なし
[[画像:Eleusis.JPG|thumb|250px|right|テレステリオン(秘儀堂)跡]]
 
デメテルの祭儀はエレウシスの祭儀、または'''エレウシスの秘儀'''と呼ばれ、[[古典古代]]時代最もよく知られた秘儀のひとつであり、しばしばたんに「秘儀」として言及されることもある。エレウシスの秘儀は[[紀元前1700年]]頃[[ミケーネ文明]]の時代に始まったと言われている。マーティン・P・ニールソンはこの秘儀が「人を現世を超えて神性へと到らせ、業の贖いを保証し、その人を神と成し、その人の不死を確かなものとなす」事を意図されていたと述べている。
 
その内容を語ることは許されなかったため、断片的な情報のみが伝えられている。参加者の出身地を問わないこと([[アリストパネス]]の断片による)、娘[[ペルセポネー]]を探すデメテルの放浪およびペルセポネーの黄泉からの帰還の演劇的再現が一連の秘儀の中核をなしていたであろうことが推定されている。秘儀への参加者には事前に身を浄めることが要求され、その秘儀は神の永遠なる浄福を直接見ることといわれた。