「呼吸困難」の版間の差分

m
m
 
==ヒュー・ジョーンズ分類==
呼吸困難の程度を客観的に表現する試みとして最も利用されているものに、ヒュー・ジョーンズ分類(Hugh(Hugh-Jones分類)がある。心不全からくる呼吸困難に対しては[[心不全#NYHA分類|NYHA分類]]が使われる。あくまでも慢性呼吸不全、呼吸困難の指標である。
 
;I度 :同年代の[[健常者]]と同様の生活・仕事ができ、階段も健常者なみにのぼれる
13,788

回編集