「太平御覧」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
引用する書物の数は、巻頭にある書目によれば、1690種とするが、多少の重複が見られる。さらに、詩や賦などを含めれば、2000種以上に上ることとなる。但し、原典からの引用ではなく、先行する類書である[[北斉]]の『修文殿御覧』(佚書)や、[[唐]]代の『[[芸文類聚]]』、『文思博要』(佚書)からのいわゆる孫引きであることが多い。ただ、引用書の大半が亡佚してしまった今となっては、資料的価値が高い。
 
版本としては、日本に伝来した[[1199年]]([[慶元]]5年)の蜀刻本の残本945巻が知られる。これに基づき、別系統の宋本で補った『[[四部叢刊]]三編』([[上海市|上海]] : [[商務印書館]],[[1935年]])所収の景宋本、および、その重印本([[中華書局]],[[1960年]])が見られる。
 
== 外部リンク ==
3,024

回編集