「心霊科学研究会」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''心霊科学研究会''' (しんれいかがくけんきゅうかい) は、[[1923年|大正12年]]に[[浅野和三郎]]によって東京本郷に設立された心霊研究団体である。関東大震災を期に東京を離れ、最終的には神奈川県鶴見市の自宅を本部とした。『心霊研究』『心霊界』『心霊と人生』などの機関誌を発行。[[浅野和三郎]]は[[1930年|昭和51929年]]、東京での活動のために「東京心霊科学協会」も設立した。[[浅野和三郎]]の死後も次兄、浅野正恭らによって「心霊科学研究会」及び「東京心霊科学協会」の活動は続けられたが、[[太平洋戦争]]で活動を休止、戦後([[1946年|昭和21年]])、弁護士の吉田正一(妻、[[吉田綾]]は[[霊媒]]として知られる)が中心となり、旧「東京心霊科学協会」のメンバーによって「[[日本心霊科学協会]]」が設立された。浅野正恭や[[脇長生]](『心霊と人生』の編集者兼[[霊能者]])もこれに参加していたが、立場の違いから浅野正恭や脇長生は「日本心霊科学協会」を脱退し、「心霊科学研究会」を復活させ、『心霊と人生』を復刊した。現在「心霊科学研究会」、[[1959年]]「[[日本スピリチュアリスト協会]]」と改称し、浅野正恭([[1954年]]没)・脇長生([[1978年]]没)両名この亡くなった現在も活動を継いでいる。
 
== 参考文献 ==
222

回編集