「会稽」の版間の差分

編集の要約なし
'''会稽'''('''かいけい'''、'''フイジ'''、[[ピン音]]:'''GuiKuai Ji''')は、[[中国]]の揚州東部(長江下流域)に設置されていた郡もしくはその地方の名。[[六朝|六朝時代]]には政治、文化(六朝文化)の中心地として発展した。その領域は時代によって変遷があるが、現在の[[中華人民共和国|中国]][[浙江省]][[紹興市]]付近がその中心である(後述)。また、同地方にある会稽山の略称として用いられる事もある。本項ではまず会稽山について記述し、次に都市としての会稽および会稽郡について述べる。
 
==会稽山とそれを巡る歴史==
匿名利用者