「9mm Parabellum Bullet」の版間の差分

{{Indent|[[ボーカル]]、[[ギター]]および[[作詞]]を担当(ライブでは[[マラカス]]も使用する)。[[山形県]][[鶴岡市]](旧[[東田川郡]][[藤島町]])出身。
 
使用機材は[[ギブソン]]のレスポールスペシャル。GG06から使っており、最近はメインとなっている
 
ライブ時は自分でカットした[[Tシャツ]]を頻繁に着用している。趣味は読書で、[[村上春樹]]や[[太宰治]]を愛読する。バンドをやるとき、かみじょうに誘われたのだが、その理由は「声質が好きだった」から。}}
 
'''滝善充'''(たき よしみつ、1983年[[5月9日]] - )
{{Indent|[[ギター]]、[[コーラス (ポピュラー音楽)|コーラス]]および[[作曲]]担当(ギター以外にも[[ピアノ]]、ドラムス、ベースなどの演奏が可能である)。[[茨城県]][[結城郡]][[八千代町]]出身。
 
使用機材は[[ESP]]のスナッパー。ホワイト・アッシュ材によるボディーの木目が特徴。
 
ライブでは、メンバーの中では特にパフォーマンスが激しく、ギターを弾かないことも多々ある。
'''中村和彦'''(なかむら かずひこ、[[1984年]][[4月24日]] - )
{{Indent|[[ベース (弦楽器)|ベース]]、[[スクリーム]]担当。[[宮城県]][[仙台市]]出身。
 
使用機材はメインとしてESPのAPを使っている。
 
ストラップの位置がかなり低く[[シャウト]]はマイクを腰より下にセットしている。中村によると、かっこよさを追及していくとこうなったらしい。シャウトの歌詞は本人しか知らず、他のメンバーさえも知らない。シャウトは、9mmに加入して間もないころにライブでテンションが上がりすぎ、その勢いでしてしまったことから始まっている。
86

回編集