「無水マレイン酸」の版間の差分

リンク切れ復旧ついでにデータ更新
m (ロボットによる 追加: cs:Maleinanhydrid)
(リンク切れ復旧ついでにデータ更新)
}}
 
'''無水マレイン酸'''(むすい&mdash;マレインさん、maleic anhydride)とは、有機化合物の一種で、[[マレイン酸]]の2個の[[カルボキシル基]]が分子内で[[脱水縮合]]してできる[[カルボン酸無水物]]。[[分子式]] C<sub>4</sub>H<sub>2</sub>O<sub>3</sub> の、無色の針状結晶の[[固体]]である。
 
== 性質と反応性 ==
無水マレイン酸は、[[ベンゼン]]などの炭化水素の気相酸化によって製造される。
 
無水マレイン酸の 20042008年度日本国内生産量は 11195,400424 t、工業消費量は 2622,205930 t である<ref>[http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/02_kagaku.html 化学工業統計月報] - 経済産業省</ref>
 
== 参照資料脚注 ==
<references />
* [http://www.meti.go.jp/statistics/data/h2d4k00j.html 日本国 経済産業省・化学工業統計月報]
 
{{Chem-stub}}
24,969

回編集