「ブリオッシュ」の版間の差分

自己リンクを修正
m (ロボットによる 追加: ca:Brioix)
(自己リンクを修正)
 
== 「パンがなければ、ブリオッシュを食べればいいじゃない」 ==
フランス革命前に民衆が貧困と食料難に陥った際、マリー・アントワネットが「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と、不適切な発言をしたと、しばしば紹介される。原文は、{{lang-fr-short|“Qu'ils mangent de la brioche”}}、直訳すると「彼らは[[ブリオッシュ]]を食べるように」である。
ブリオッシュは現代ではパンの一種の扱いであるが、かつてはお菓子の一種の扱いをされており、バターと卵を普通のパンより多く使った、いわゆる「贅沢なパン」である。
 
。{{要出典範囲|トスカーナは1760年当時、マリー・アントワネットの父である[[フランツ・シュテファン]]が所有しており、その後もハプスブルク家に受け継がれたことから、こじつけの理由の一端になった}}、ともされる。
 
{{要出典範囲|当時のフランス法には、「食糧難の際にはパンとブリオッシュを同じ値段で売ること」となっていた}}との説もあり、{{要出典範囲|そのことがこの発言伝説の下敷きのひとつになった}}とも言われる。ちなみに、{{要出典範囲|[[ブリオッシュ]]が[[バター]]や[[卵]]を利用したお菓子とほぼ同じとみなされるパンを示すようになったのは18世紀後半からであり、18世紀初頭まではチーズやバターなどの各地方の特産物を生地に混ぜて栄養性と保存性を高めた保存食という乾パン的位置づけであったため、その元ネタとなる発言は時代によって大きく意味が異なる}}。{{要出典範囲|そのため、ルイ16世の妃の発言説だと、当時の為政者としてはごく当たり前な(むしろ民衆を気遣う内容の)発言であったのを後世の人間が歪曲して引用したということになる}}、とも言われる。
 
<!--