「近衛府」の版間の差分

編集の要約なし
== 内部官職 ==
; [[近衛大将|大将]]
: 左右に各1名。[[権官]]はない。四等官における近衛府の長官(カミ)に相当する。天平神護元年(765([[765]])2月3日、近衛府設置とともに、[[正三位]]の[[官位相当]]。[[延暦]]12年([[793年]])、[[従四位上]]に官位相当が降格し、さらに、延暦18年(799年)4月27日に[[従三位]]の官位相当に昇叙する。以後、定着する。[[従三位]]相当の官職だが、[[大納言]]に勝る重責の職で、古くは[[参議]]以上の兼務であったが、[[平安時代]]中期以後には[[大納言]]以上の兼任が定制となる。また、「[[馬御監]]」を兼任することもある。なお、[[羽林大将軍]]、親衛大将軍、虎牙大将軍といった[[唐名]]で呼ぶこともあり、左近衛大将・右近衛大将をそれぞれ「左大将」・「右大将」と省略した呼び方もある。
 
; 中将
: 左右に各1~4名。四等官の次官(スケ)に相当する。少将も「スケ」であるので「おお(大)いスケ」と呼ばれた。天平神護元年(765([[765]])2月3日、近衛府の設置とともに、[[従四位下]]の官位相当。以後、定着する。当初は1名だったが後に増員され、[[権官]]もあり、後には正員は置かれず、[[権官]]のみとなる。三位の位階の人がこの職に就くと「三位中将」と呼ばれ、[[参議]]の官職の人が兼任すると「宰相中将」、[[蔵人頭]]がこの職を兼任すると「[[頭中将]]」と呼ばれる。親衛中郎将、親衛将軍、羽林将軍といった唐名のほか、次の少将とあわせて「三笠山」「次将」という別名がある。
 
; 少将
: 左右に各2~4名。四等官の次官(スケ)に相当し、中将も「スケ」であるので「すな(小)いスケ」と呼ばれた。天平神護元年(765([[765]])2月3日、近衛府の設置とともに、[[正五位下]]の官位相当。以後、定着する。当初は1名だったが後に増員され、天応元年(781([[781]])6月1日に員外近衛少将が廃止された際に定員2名となる。その後[[権官]]が設置され、後には正員は置かれず、[[権官]]のみとなる。中将とほぼ同じ職掌。四位の位階の人がこの官に就くと「四位少将」と呼ばれたり、二位の位階でこの官に就く場合もあった。羽林郎将、親衛郎将、羽林中郎将、亜将、虎賁中郎将といった唐名がある。
 
近衛中将・少将はともに四等官の次官にあたるために、'''近衛次将'''(このえじしょう)とも称し、[[承徳]]2年([[1098年]])に左右近衛次将の定員は合計8名とされた。[[堂上家]]出身者で[[公卿]]となる者は侍従・衛門佐・近衛次将を歴任する例が多かった。
 
ここまでが幹部職員で、これ以下を近衛舎人と呼ぶ。
 
; 将監(しょうげん)
: 各1名~10名 四等官の判官(ジョウ)に相当し、天平神護元年(765([[765]])2月3日、近衛府の設置とともに、[[従六位#従六位|従六位上]]の官位相当。現場指揮官で護衛、警護の体制を組み立てる。五位でこの官職に就くと、'''左近大夫'''(さこんたゆう)'''将監'''あるいは'''右近大夫'''(うこんたゆう)'''将監'''。将監を略して、左近大夫あるいは右近大夫と称された。参軍、親衛軍長吏、親衛校尉、録事といった唐名がある。
; 将曹
: 各4名~20名 四等官の主典(サカン)に相当し、天平神護元年(765([[765]])2月3日、近衛府の設置とともに、[[従六位#従七位|従七位下]]の官位相当。現場指揮官で将監の指揮のもと、配下の人数を直接指揮する。
; 番長(ばんちょう:つがいのおさ)
: 各6名 [[行幸]]や高官の外出時の警護の際、騎乗を許可され、前駆する。
 
== 所管範囲 ==
[[大内裏]]のうち、[[宣陽門]][[承明門]][[陰明門]][[玄輝門]]の内側を担当。[[行幸]]などの際には護衛として随員。また、[[皇族]]や高官の警護も担当。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者