「Wikipedia:コメント依頼/Koba-chan 20090308」の版間の差分

→‎コメント: 自分の件ですが、同様の事例が過去にあります
(→‎コメント: 自分の件ですが、同様の事例が過去にあります)
*(コメント)コメントの被依頼者によってコメント猶予要請が出され、しかもそれが通ると思っていること自体が挙動不審です。これまでの管理業務の実績云々に関しては存じ上げないことも多いので特に申し上げませんが、先日のブロック追認関連ですとか、今回のコメント猶予要請ですとかを見るにつけ最近身体的にか精神的には変調があったのかと心配になります。Koba-chanさま、どうかご自愛ください。--[[利用者:Himetv|Himetv]] 2009年3月8日 (日) 07:07 (UTC)
*[[Wikipedia:井戸端/subj/東京工業大学ほかの広域ブロックについて]]および、[[Wikipedia‐ノート:広域ブロック#井戸端での議論のやりとりの続き(井戸端/subj/東京工業大学ほかの広域ブロックについて)]]において管理者裁量範囲の是非や方針、また方針に検討されていない足りない部分はどんなものなのかと、各方面に渡って検討と討議をだいぶ進めつつある討議者のひとりとなります。広域ブロックにおいても管理者裁量や方針に沿った進め方、方針から逸れてしまった場合にいかにリカバリーするかにおいて、各種方針/合意形成などを精査して議論内に投じた一節ではありますが、個別ブロック時にもなんら変わらずにご適用できる考えに至り、こちらのコメント依頼に一文を僭越ながら投じさせていただきます。・インシデントを起こさない方法とは、粛々と定められた方式(ルール)を守り誠意ある管理方法で行うことが一番の方策であり、人間ですからルールを万一外れかかった場合に、管理者同士の相互監視および利用者からの監査を受けられる、情報公開とそのフィードバックによってのみインシデントにまで至らぬうちに修正していくことが可能になると考えます。これは少数のもので行えるわけではなく、管理者集団、そして利用者からの監査を受け入れていただき、それらのフィードバックによってより良いWikipediaコミュニティが発展していくのではないでしょうか。罷免審議やブロック依頼によって蓋をしていくのは簡単です。他人からの忠告に耳を貸しそのフィードバックをいかに生かすかは茨の道でもあります。しかしあえて茨の道を歩んでいただきたい、とたかだか一ヶ月ほどの新規利用者登録者ではありますがコメントを残させていただきます。--[[利用者:Justia|Justia]] 2009年3月8日 (日) 10:20 (UTC)
*(コメント)私自身、被依頼者に2週間の投稿ブロックを受けています。[[Wikipedia:投稿ブロック依頼/Tamago915 追認]]ですが、もととなる[[利用者‐会話:Tamago915/2007年10月から2008年3月まで#心配です]]から3日後(おそらく2ちゃんねるでの書き込みが原因でしょう)に、ウィキブレイクを取らせるという名目でブロックし、反論を認めないと自ら対話を拒否しました。コミュニティとして追認されていますが、今回のGcGさんのブロックと同じく独善に走り、説明責任を果たそうとしない姿勢だったと判断しています。--[[利用者:Tamago915|Tamago915]] 2009年3月8日 (日) 15:50 (UTC)
 
==註==