「バッファ」の版間の差分

全体の編集。
(「要出典範囲」を外し「多いが」に変更します。)
(全体の編集。)
{{Otheruses|データの一時的な[[記憶装置]]・記憶領域|その他の用法|バッファー}}
'''バッファ'''(buffer)(buffer、'''バッファー''')とは、元々は物理的な衝撃を吸収またはして和らげる緩衝器の意味であり、る。この言葉が[[コンピュータ]]など情報処理機器の場合、[[入出力|入出力装置]]や[[補助記憶装置]]中で電気的に似たようどの入出力デバイスと、[[CPU]]・[[制御装置]]・[[コントローラ]]などの処理装置との間でデータ働き遣り取りする部分、入出力と処理との間でタイミング対して用いられるよう時間的差がある場合っておりそれを吸収する、また日常的に調整をするため後者一時電気的なデータを記憶緩衝での用法の方が良く耳にする装置、また。本記事で場所。また、[[機械]]や[[電気・電子装置]]など機構部分を成用法について記述使、他の法は曖昧回避であ場合は「[[バッファー]]を参照のこ呼ぶ場合が多いが[[英語]]の綴りは同じである
 
[[機械]]や[[装置]]などの機構部分を成し使用される場合は「[[バッファー]]」と呼ぶ場合が多いが[[英語]]の綴りは同じである。
バッファの例としては次のようなものがある。
*[[汎用ロジックIC]]などでの1[[ビット]]から数ビット単位の時間差の吸収(緩衝)
*[[3ステートバッファ]] 0と1とハイインピーダンスの3種類の出力をもつバッファ
*[[ビデオカード]]の[[フレームバッファ]]
*[[ハードディスクドライブ|ハードディスク]]のドライブ(トラック)バッファ
*[[MS-DOS]]のセクタバッファ
*プリンタバッファ
 
;電子装置での時間的な緩衝回路
バッファの[[データ構造]]には[[キュー (コンピュータ)|キュー]]や[[スタック]]などがある。
:デジタル機器での[[補助記憶装置]]などの[[入出力]]装置と、[[CPU]]・[[制御装置]]などの内部処理装置との間で信号をやり取りする際に、入出力と処理との間で時間のズレを吸収・調整をするために一時的に情報を記憶する装置や記憶領域のこと。
 
バッファの[[データ構造]]云えば[[キュー (コンピュータ)|キュー]]や[[スタック]]という、情報を一時的に蓄える記憶領域などがあは、「バッファー領域」と呼ばれことが多い
若干意味が変わってくるがインターネット配信(インターネットラジオ)などでもバッファが存在する。
 
バッファの:例としては次のようなものがある。
:* [[汎用ロジックIC]]などでの1[[ビット]]から数ビット単位の時間差の吸収(緩衝)
:* [[ビデオカード]]の[[フレームバッファ]]
:* [[ハードディスクドライブ|ハードディスク]]のドライブ(トラック)バッファ
:* [[MS-DOS]]のセクタバッファ
:* プリンタバッファ
:* インターネット上の[[ストリーミング]]配信のバッファ
 
;電気信号の整形・増幅回路
:例としては次のようなものがある。
:* [[バス (コンピュータ)|バス]]・バッファ:コンピュータの内部配線での整形・増幅回路
:*[[3 スリー・ステートバッファ]] :"0"、"1"、ハイ[[インピーダンス]]の3種類の出力状態もつバッファとる[[デジタル]]信号の整形・増幅回路
 
;物理的な衝撃を吸収して和らげる緩衝器、その他
{{main|バッファー}}
 
== 関連項目 ==
* [[キャッシュ]]
* [[バッファオーバーラン]]
 
{{Computer-stub}}
 
[[category:プログラミング|はつふあ]]
2,737

回編集