「ソフトウェアトランザクショナルメモリ」の版間の差分

不適切な訳
(不適切な訳)
(不適切な訳)
}
 
トランザクション中のあとの段階で動的にリトライ動作を動的に遅延できる能力はようにすることで、プログラミングモデル単純化しになり、また新しい可能性を広げがひらかれる。課題の一つとして、トランザクションの外で発生した例外が伝播したときにどのように振舞うかというものである。"Composable Memory Transactions"では、筆者らはこの場合はトランザクションを中止すべきだと断じている。なぜなら、例外は通常Concurrent Haskellでは期待していないエラーを示しているからである。しかし、発生理由を診断する目的のために、例外はトランザクションによって割り当てられた情報や、トランザクション中に読み出された情報を例外は保持している。これが、他の条件では妥当だと思われた設計がやりづらくなっている理由である。
 
==実装上の問題==
737

回編集