「国鉄キハ40系気動車 (2代)」の版間の差分

m (キハ40の画像を移動。いずれも特殊仕様車であり、代表とするには不適当。)
 
==== キハ40形1000番台 ====
[[画像:Kiha40-1003.JPG|250px|thumb|キハ40 1003。撤去された屋根上の水タンクに注目は取り除かれている。]]
1986年に[[烏山線]]で使用されていたキハ40形2000番台のトイレを撤去し取り除いたもので、国鉄時代に本系列に対して行われた改番を伴う改造の唯一例である。外観上の変更点はほとんどないが、塗色が烏山線独自のローカルカラーに変更された。当初に7両(1001 - 1007)が改造され、国鉄分割民営化時には全車がJR東日本に承継されている。その後、JR東日本により1991年と1995年に各1両が追加改造され、計9両が本番台となった。
 
民営化後は、東北地区に転出した1両 (1006) を除き、1990年に[[ワンマン運転]]対応改造と座席のロングシート化が実施された。これらは1000番台への改造前に冷房装置を搭載していた1008を除き、1995年から1996年にかけて冷房装置(AU34)を搭載した。
 
<!--車外ブザーは東武30000系などの車両搭載のものと同仕様のもの。-->
 
* キハ40 2011 - 2017・2087・2139 → 1001 - 1009
<br style="clear:both"/>
匿名利用者