「オートクチュール」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: he:הוט קוטור)
シャンブル・サンディカは、[[コレクション]]後に大量に溢れるコピー品にも対応し、[[新聞]]や[[雑誌]]へ公開まで期限の条件をつけたり、取材する[[メディア (媒体)|メディア]]が全ての店を取材できるようにコレクションのスケジュール化を行い、海外メディアへのアピールにも大いに貢献している。
 
加盟には様々な規定があり、それらをクリアしなければならない。例えば、1年に2度のコレクションを開催、コレクションでの発表数、[[アトリエ]]の常駐スタッフの数、専属[[マネキン]]の人数など厳格を極めた。しかし、70年代の高級既製服=[[プレタポルテ]]の台頭により、影響力や社会的役割を変えていかざるを得なかった。規定も毎年のように緩やかになり、顧客の減少という課題を背負いメゾンを維持させていくことが大きな課題になった。加盟店は'''[[メゾン]]'''(''maison'') と呼ばれ、生地の選定から縫製まで一貫して行う為の[[アトリエ]]を持っている。[[コルセット]]など特別の部分を除いてはフル・ハンドメイド、つまり、お針子が一刺し一刺し手縫いをして完成させる。[[刺繍]]も[[レース (手芸)|レース]]も皆手編みである。時には[[プリント]]柄さえもデザイナーが描き、[[布]]に転写し生地にすることもある。完成までには2、3度の仮縫いをして、最後に本縫いということになる。[[刺繍]]、[[羽]]飾り等は専門のアトリエに外注されることが多い。刺繍の「ルサージュ」などが有名。
 
現在は[[シャネル]]などの一部の[[メゾン]]を除いては殆どが赤字経営。それでもなおオートクチュール部門を会社が閉鎖しないのは、オートクチュールコレクションを行っていることで[[ブランド]]として「格」が上がり、[[プレタポルテ]]や[[香水]]、[[ライセンス]]事業の売り上げに多大な影響があるからである。
匿名利用者