「地役権」の版間の差分

m
編集の要約なし
(Category:物権法へ)
m
*:要役地の所有権等と共に移転移転するが、別段の定めとすることも可能である。
*地役権の不可分性([[b:民法第282条|282条]]・[[b:民法第284条|284条]])
 
==地役権の取得==
地役権は土地所有者と地役権者との契約(設定行為)により取得できる([[b:民法第280条|280条]])。このほか、継続的に行使されるもので(継続地役権)、かつ、外形上認識することができるもの(表現地役権)に限り、時効取得することもできる([[b:民法第283条|283条]])。
 
==地役権の消滅==
*地役権は以下一部の時効場合に消滅([[b:民法第293条|293条]])する。
*設定行為で定められた期間が満了した場合
:地役権者がその権利の一部を行使しないときは、その部分のみが時効によって消滅する。
*地上権者が地上権を放棄した場合
{{節stub}}
*承役地の所有者が地役権に必要な土地の部分の所有権を放棄して地役権者に移転させた場合([[b:民法第287条|287条]])
*地役権が時効消滅した場合([[b:民法第291条|291条]]-[[b:民法第293条|293条]])
:地役権者がその権利の一部を行使しないときは、その部分のみが時効によって消滅する([[b:民法第293条|293条]])
 
== 関連項目 ==
385

回編集