「中院通方」の版間の差分

m
少し加筆
編集の要約なし
m (少し加筆)
'''中院 通方'''(なかのいん みちかた、[[文治]]5年([[1189年]])-[[暦仁]]元年[[12月28日 (旧暦)|12月28日]]([[1239年]][[2月3日]]))は、[[鎌倉時代]]初期の[[公卿]]、故実家で歌人。[[源通親]]の子、母は[[藤原範兼]]の娘・範子。[[中院家]]の祖とされている。別名:土御門通方。
 
== 経歴 ==
6歳で従五位下を授けられ、翌年には父の[[知行国]]であった[[因幡国]]が与えられる。[[建暦]]元年([[1211年]])に[[蔵人頭]]となって翌年に[[公卿]]に列した。以後、[[参議]]・[[検非違使別当]]・[[中納言|権中納言]]を歴任するが、[[承久の乱]]後[[恐懼]]処分を受けて謹慎した。乱後は姉の[[承明門院]]とその孫邦仁王([[土御門天皇]]の子、後の[[後嵯峨天皇]])を後見した。
 
[[安貞]]元年([[1227年]])[[中納言]]となり、2年後に[[大納言|権大納言]]に転じる。その間に宮廷行事における服装などの[[有職故実]]についてまとめた『[[飾抄]]』を著した。歌人としては「新勅撰和歌集」他に10首収められている。暦仁元年([[1238年]])[[大納言]]に昇ったものの、間もなく病で倒れ、その年の暮れに50歳の生涯を閉じた。
 
{{先代次代|[[中院家]]|初代||[[中院通氏]]}}
4,840

回編集