「マイナビ女子オープン」の版間の差分

岩根さんの出産に伴う日程変更など
(岩根さんの出産に伴う日程変更など)
 
== しくみ ==
予選と本戦を行い挑戦者1名を決定し、女王と挑戦者が[[番勝負|五番勝負]]を行い、その勝者が新女王となる。<ref>第1期は、本戦決勝を五番勝負で行い、その勝者の[[矢内理絵子]]が初代女王となった。</ref>
 
=== 予選 ===
女王と本戦シード者を除く全女流棋士と招待選手(アマチュア2名、[[女流育成会]]員1名)が参加し、トーナメント方式により1日で全対局を行う。
 
日本将棋連盟所属女流棋士とLPSA所属女流棋士とがいるが、1回戦では、LPSA所属の者同士が対戦しないように配慮されている<ref>第1期は、人数の少ない(14人)LPSA所属者の枠が抽選前に開示され、1回戦では当たらないことが明記されている。[http://mynavi-open.jp/tournament/tournament_images/yosen.jpg 第1期予選組み合わせ表]参照。</ref>。
 
[[持ち時間]]は各40分([[チェスクロック]]使用)。
予選を勝ち抜いたものと本戦シードの計16名がトーナメントで対戦する。
 
本戦シードは前年度のベスト4以上の4名のみで、他棋戦のようにタイトル保持者であるがってもシードされず予選から参加することになる。第1期のみレディースオープントーナメント (LOT) 2006のベスト4に2006年度のタイトル保持者・棋戦優勝者を加えた8名<ref>[[矢内理絵子]](LOT2006優勝、2006年度女流名人位)、[[里見香奈]](LOT2006準優勝)、[[山田久美]](LOT2006ベスト4)、[[村田智穂]](同)、[[清水市代]](女流王位)、[[斎田晴子]](倉敷藤花)、[[千葉涼子]](女流王将)、[[甲斐智美]](鹿島杯優勝)の8名。</ref>))がシードとなった。第2期は第1期のベスト4から女王位が決まるため、シードは3名となる
 
他棋戦優勝によるシードは無い
 
持ち時間は各3時間(チェスクロック使用)。
== 歴代五番勝負 ==
年は五番勝負が行われた時点。
# [[2008年]]:[[矢内理絵子]]<ref>第1期は、本戦決勝を五番勝負で行い、その勝者の[[矢内理絵子]]が初代女王となった。</ref> 3 - 1 [[甲斐智美]]
# [[2009年]]:矢内理絵子 - [[岩根忍]]<ref>例年4月から5月に五番勝負が開催されるが、岩根が出産を控えていたため、第2局以降を延期する形になった。[http://journal.mycom.co.jp/news/2009/03/09/049/ 出産控える岩根忍女流二段が挑戦者に--第2期 マイナビ女子オープン | ライフ | マイコミジャーナル](2009年3月9日)参照。</ref>
# [[2009年]]:矢内理絵子  -  [[岩根忍]]
 
== 脚注 ==