「大鹿靖明」の版間の差分

→‎注目された記事と批判: 裁判は大鹿記事を「踏襲」したのではなく、村上側の主張が通ったのです。
編集の要約なし
(→‎注目された記事と批判: 裁判は大鹿記事を「踏襲」したのではなく、村上側の主張が通ったのです。)
 
* [[ライブドア事件]]で、[[東京地検特捜部]]による[[捜査]]や報道内容が不当として「『万引き』で『死刑宣告』」などとして、ライブドアを擁護した。
* 「村上『無罪』への大逆転-仰天シナリオ」<ref>AERA 2006年6月19日号</ref>で、村上の無罪主張を掲載。東京高裁の2審判決はおおむね大鹿の指摘した内容を踏襲したもので、1審では実刑だった村上に執行猶予が付いた
* 「堀江激白120分《ボクは無罪のつもり》」<ref>AERA 2006年12月3日号</ref>で、堀江貴文被告の独占インタビュー。
* 「[[佐藤優 (外交官)|佐藤優]]という『罠』」<ref>AERA 2007年4月23日号</ref>の記事で、〝外務省のある人物〟という匿名コメントで「(鈴木宗男の質問趣意書は)佐藤が仕掛けている」「(佐藤は)都合のいいことしか書いてない」「佐藤はものすごい陰謀家で、外務省に復讐しようとしている」などと記述する。これついて、佐藤が「事実誤認」として内容証明郵便でAERA編集長に抗議すると、翌週発売号<ref>AERA2007年4月30日号</ref>で母親の名前が誤記だった点に関しては訂正記事が掲載される。佐藤はまた、『[[週刊金曜日]]』<ref>2007.5.11号</ref>誌上で、「私が書かない『都合のよくないこと』が具体的でないコメントを載せるのは公平でない」と、大鹿個人に公開質問状を出す。大鹿は、母親の名前が誤記だったことに関しては、マスコミ主催の勉強会の席上で佐藤に謝罪した<ref>「朝日『アエラ』スター記者が『佐藤優』に全面降伏」(『[[週刊新潮]]』2007年5月17日号)</ref>。一方、同記事は朝日新聞の2007年論壇回顧で注目の記事の3点に選ばれるなど反響を呼んだ(『朝日新聞』2007年12月6日)。
316

回編集