「僧位」の版間の差分

編集の要約なし
m (cat)
編集の要約なし
'''僧位'''(そうい)は、日本において[[僧侶]]に対し与えられた[[位階]]のことである。
 
以前から僧位らしいものはあったが、[[760年]](天平宝字4年)大法師位のもとに伝法位と修行位がおかれ、伝法位と修行位とにそれぞれ法師位、満位、住位、入位の4種の位階が置かれた。[[864年]](貞観6年)には[[僧綱]]に対応する僧位として[[僧正]]に法印大和尚位(略して法印ともいう)、[[僧都]]に法眼和上位(略して法眼ともいう)、[[律師]]に法橋上人位(略して法橋ともいう)が与えられた。平安時代後期以降は、[[定朝]]が叙されたのを皮切りに、[[仏師]]や[[連歌師]]などにも与えられるようになった。[[近世]]になると、絵師が任命される例が増える。御用絵師だけでなく、民間絵師も叙任された。民間絵師の場合は手続きが面倒で、[[門跡寺院]]を窓口として、しかるべき[[旗本]]などの名義を借り師匠などに[[保証人]]を頼んだ上で、[[町奉行]]に願書を提出し許可を得た後、寺院に再度申請を差し出し評定にかけられ、[[武家伝奏]]を介して叙任の[[宣旨]]が下された。
 
 
==関連項目==