「アフォンソ5世 (ポルトガル王)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''アフォンソ5世'''('''Afonso V'''または'''Affonso V''', [[1432年]][[1月15日]] - [[1481年]][[8月28日]])は、[[ポルトガル王国|ポルトガル]]王(在位:1438年 - 1481年)。[[ドゥアルテ1世 (ポルトガル王)|ドゥアルテ1世]]と[[アラゴン王国|アラゴン]]王[[フェルナンド1世 (アラゴン王)|フェルナンド1世]]の娘[[レオノール・デ・アラゴン (ポルトガル王妃)|レオノール]]の子。'''アフリカ王'''(Africano)と呼ばれる。
 
父王の急な逝去により、わずか6歳で即位した。王の遺言により、王妃レオノールが摂政となったが、外国人ということで国民に支持されず、[[コルテス (身分制議会)|コルテス]](議会)はドゥアルテ王のである[[ペドロ・デ・ポルトゥガル (コインブラ公)|コインブラ公ペドロ]]王子を摂政に選んだ。
 
ペドロ王子は善政を行い、庶出で異母弟のバルセロス伯アフォンソ初代[[ブラガンサ]]公にした(アフォンソは[[ブラガンサ王朝|ブラガンサ家]]の祖となった)。が、ペドロ摂政コインブラ公に代わり実権の掌握を狙うブラガンサは、幼いアフォンソ王に「摂政は王位を狙っている」と吹き込み、王はペドロ王子コインブラ公を敵視するようになった。
 
[[1443年]]、ドゥアルテ1世の弟[[フェルナンド聖王子|フェルナンド王子]]が[[フェズ]]で獄死した。遺骸は城壁から逆さり下げられた。従者たちは遺骸をもらい受けると、遺骨に塩をふりかけ壷に入れて埋葬した。アフォンソ5世は捕虜にした[[モロッコ]]の貴族たちと交換に、叔父フェルナンド王子の遺骸を取り戻し、1452年[[バターリャ修道院]]に埋葬した。
 
[[1446年]]、アフォンソ5世は14歳で親政を始めた。もう一人の叔父[[エンリケ航海王子]]の斡旋により、ペドロ王子コインブラ公は政治顧問に退き、国政の実権はブラガンサ公とそのオウレン伯アフォンソへ移った。[[1448年]]、コインブラ公ペドロの娘で従妹である[[イサベル・デ・コインブラ|イサベル]]と結婚する
 
[[1449年]]、領地の[[コインブラ]]の通過をブラガンサ公に認めなかったペドロ王子コインブラ公の措置にアフォンソ5世は怒り、国軍を派遣して王子コインブラ公を戦死に追い込んだ。
 
[[14741458年]]、アフォンソ5世はアルカセル・セゲールを征服した。[[1474年]]には[[アルジラ]]、[[タンジェ]]征服した。これにより、モロッコで[[セウタ]]他4都市を掌握するアフリカ・ポルトガル帝国を形成、'''ポルトガル・アルガルヴェ、アフリカ海内海外王'''を名乗った。
[[1458年]]、アルカセル・セゲール征服。
 
同年、[[カスティーリャ王国|カスティーリャ]]王[[エンリケ4世 (カスティーリャ王)|エンリケ4世]]の死去により、エンリケの異母妹イサベル(後の[[イサベル1世 (カスティーリャ女王)|イサベル1世]])とエンリケの長女[[フアナ・ラ・ベルトラネーハ]]王女との間に、王位を巡って抗争が起こった。フアナは、妃に先立たれて独身だったアフォンソ5世と婚約し、その救援を求めた。43歳の叔父と14歳の姪との結婚でも、教皇の許可を取得すれば可能だった。アフォンソ5世は、この結婚でカスティーリャ・ポルトガルの両国王になれると乗り気になった王は王太子[[ジョアン2世 (ポルトガル王)|ジョアン]]皇太子も同意したので、2万の兵とともに挙兵しを率いてカスティーリャへ侵攻した。しかし、カスティーリャの国民と軍の大半は、出自の明らかでないフアナよりも、[[アラゴン王国|アラゴン]]王太子妃となったイサベルを支持していたため、[[1476年]]3月トロので敗れた。膠着状態に陥った継承戦争のさなか、アフォンソ5世はフランスに赴いて[[ルイ11世 (フランス王)|ルイ11世]]の援助を求めたが失敗した。教皇庁からも、結婚の許可はついに出なかった。
[[1474年]]、[[アルジラ]]、[[タンジェ]]征服。これにより、モロッコで[[セウタ]]他四都市を掌握するアフリカ・ポルトガル帝国を形成、'''ポルトガル・アルガルヴェ、アフリカ海内海外王'''を名乗った。
 
[[1477年]]7月、アルカソヴァ講和条約により、戦争は終結した。条約の内容は次の通りであった。
同年、[[カスティーリャ王国|カスティーリャ]]王[[エンリケ4世 (カスティーリャ王)|エンリケ4世]]死去により、エンリケの異母妹イサベル(後の[[イサベル1世 (カスティーリャ女王)|イサベル1世]])とエンリケの長女[[フアナ・ラ・ベルトラネーハ]]王女との間に王位を巡り抗争が起こった。
 
フアナは、妃に先立たれて独身だったアフォンソ5世と婚約し、その救援を求めた。43歳の叔父と14歳の姪との結婚でも、教皇の許可を取得すれば可能だった。この結婚でカスティーリャ・ポルトガルの両国王になれると乗り気になった王は、[[ジョアン2世 (ポルトガル王)|ジョアン]]皇太子も同意したので、2万もの兵とともに挙兵しカスティーリャへ侵攻した。しかし、カスティーリャの国民と軍の大半は、出自の明らかでないフアナよりも、[[アラゴン王国|アラゴン]]王太子妃となったイサベルを支持していたため、[[1476年]]3月、トロの合戦で敗れた。
 
膠着状態に陥った継承戦争のさなか、王はフランスに赴いて[[ルイ11世 (フランス王)|ルイ11世]]とブルゴーニュ伯爵の援助を求めたが失敗した。教皇庁から、結婚の許可はついに出なかった。
 
[[1477年]]7月、アルカソヴァ講和条約により、戦争は終結した。条約の内容は次の通りであった。
#アフォンソ5世は、フアナとの結婚を解消し、カスティーリャ王位継承を放棄する。
#フアナは、カスティーリャの王位継承者フアン王子(カトリック両王の長男)と将来結婚するか、あるいは修道院に入るか、半年以内に決める。
匿名利用者