「尾崎喜八」の版間の差分

m
誤植
m
m (誤植)
'''尾崎 喜八'''(おざき きはち、[[1892年]][[1月31日]] - [[1974年]][[2月4日]])は、[[東京都]][[中央区 (東京都)|中央区]]生まれの[[詩人]]、随筆家、翻訳家。
 
山岳と自然を主題とした[[詩]]や[[散文]]に多くの優れた作品を数多く残した。詩、博物学的な自然と人間についてのエッセイ、翻訳のほかに、クラシック音楽への造詣も深く、最晩年の音楽随筆集『音楽への愛と感謝』などがある。
[[ロマン・ロラン]] と[[白樺派]] の影響下に文学的出発をした後、[[高村光太郎]]とともに詩と芸術への研鑽を重ねた。その後、自然と人間についての思索にみちた詩・随筆に独自の境地を開いた。
詩・随筆の訳業として、文通のあったロラン、[[ヘルマン・ヘッセ]]を始め、[[ライナー・マリア・リルケ]]、[[モーリス・メーテルリンク]] 、[[ シャルル・ヴィルドラック]]、[[ジョルジュ・デュアメル]] などの珠玉の翻訳がある。
36

回編集