「比較発生学」の版間の差分

(新しいページ: ''''比較発生学'''(ひかくはっせいがく)とは、様々な生物の発生の過程を比較検討することで、生物学的な知見を…')
 
 
== 概説 ==
生物学において、異なった分類群間の比較は、きわめて基本的なものであるから、あらゆる場面で比較は行われる。発生学においても当然このような状況はある。しかし、特に'''比較発生学'''(comparative embryology)といえば、19世紀初頭から末までの発生学の流れを指すことが多い。発生学は、この時期に[[前成説]]・[[後成説]]の論争にいったんけりをつけ、[[細胞説]]の成立にも後押しされて詳細の観察と分析が可能となった。このことから意味のある比較が可能となり、それがこの発展を支えた。また、この前の世紀に[[比較解剖学]]が大きく発展し、それによって[[動物の分類]]学は大きく進展したことから、一面ではこれを受けて、それぞれの器官の発達過程に目を向けたために発展した分野でもある。
 
比較発生学は[[フォン・ベーア]]によって主張され、[[胚葉説]]や[[ベーアの法則]]を生み出した。また比較解剖学と結びついて比較形態学とも呼ばれた。それらは進化論を支持する土台となり、さらにそれを土台にしてベーアの法則を見直したのがヘッケルである。
28,698

回編集