「デ・ハビランド シービクセン」の版間の差分

m
dab
(→‎関連項目: {{Commons|de Havilland Sea Vixen}})
m (dab)
{{ Infobox 航空機
| 名称=デハビランドDH.110 シービクセン
| 画像=Image:Sea.vixen.flying.arp.jpg
| キャプション=2004年の航空ショーで飛行するシービクセン
| ユニットコスト=
}}
'''デハビランド シービクセン''' (de Havilland Sea Vixen) とは[[イギリス]]の航空機メーカー、[[デ・ハビランド・エアクラフト|デ・ハビランド]]社が開発した[[イギリス海軍]]の全天候[[艦上戦闘機]]である。
 
== 概要 ==
元々、デヴィランドが[[第二次世界大戦]]終了直後に開発された戦闘機バンパイアの発展型である[[デハビランド ベノム|ベノム]]の[[翼平面形|主翼形状]]を直線翼から後退翼に変更し、全天候能力を付与した機体として[[イギリス空軍|空軍]]の発注で開発が開始された。
 
機体の特徴として、胴体が二分されている[[双胴機|双胴]]型であり、[[操縦席]]は機体の中心軸から、ややずれた位置に据えられていた。これは、全天候能力の要である[[レーダー]]を操作するレーダー手の座席空間を確保するための配置であった。
== 関連項目 ==
{{Commons|de Havilland Sea Vixen}}
* [[航空機メーカーの一覧]] - [[デハビランド・エアクラフト]] - [[グロスター]]
 
{{DEFAULTSORT:てはひらんとしいひくせん}}
8,632

回編集