「デ・ハビランド DH.108」の版間の差分

m
処理忘れ
m (dab)
m (処理忘れ)
'''デ・ハビランド DH.108''' スワロー (de Havilland DH.108 Swallow) は、[[イギリス]]の高速飛行の研究のための試作した試験機である。後退翼をもつ無尾翼機であった。[[音の壁]]に挑戦して、事故によりパイロットが死亡した悲劇的なエピソードをもつ航空機である。
 
[[1945年]]から計画されたDH.108は、[[後退翼]]の特性を研究するために、量産型の[[デ・ハビランド バンパイア]]の胴体に後退翼をつけたものである。エンジンはデハビランドのゴブリンのシリーズである。3機の試作型が作られ、最初のTG283は[[1946年]][[5月15日]]に初飛行した。1946年9月27日の事故で、パイロットの[[ジェフリー・デハビランド]]([[デ・ハビランド・エアクラフト|デ・ハビランド]]社の創立者の息子)が死亡した。1946年8月23日に2機めのTG306が飛行した。さらにエンジンを強化するなどしたVW120(初飛行1947年7月24日)がジョン・デリーの操縦で[[1948年]]9月音速を突破した。[[1950年]]まで亜音速から、遷音速の飛行の研究のための試験飛行を続けたが、3機とも事故で失われ、パイロットを死亡させた。
 
{{DEFAULTSORT:てはひらんとDH108}}
8,632

回編集